【オーストラリアワーホリ体験談②】ワーホリ前に、日本に恋人がいる場合。別れる?遠距離恋愛する?

こんにちは!2年間オーストラリアでワーホリをし、今は英語を使ったオフィスワークをしている T A Eです★

これからワーホリをしたいと思っている人にとって、ネットでの情報は大切な情報源になるとは思いますが、ネットでの情報はエージェントなどのビジネスライクな情報ばかり(;´Д`)

実際にワーホリをした私としては、現状とネット上の情報に差が見られるな~、むしろ違すぎるだろ!!と、ワーホリ中、常々思っていました。だから、これからワーホリしたい人にとって有益となるような、生のリアルの体験者の声をお届けしたいと思い、この記事を書いています♬

前回の記事はこちら↓↓

wakuwaku-everyday.hatenablog.com

前回は私がワーホリをしたいと思った理由について書きました。今回はワーホリを始める前に日本に恋人がいる人、その場合について書いていこうと思います。というのも、私自身、実際にワーホリを始める前に、日本に恋人がいて、そのことで悩んだからです。今回はそのへんのことについて書きます。

 

日本に彼氏がいた私

私は、ワーホリする前に、日本に恋人がいました。彼は大学生時代からの知り合いで、とても優しくて、誠実で、仕事も真面目にこなし、貯金もたくさんあって、何より私のことをすごく大事に思ってくれている、私には本当にもったいないくらいの人でした。こんな私にプロポーズもしてくれ、あのまま日本での生活を続けていたら、私は彼と家庭を築いていたと思います。

しかし、私はどうしても海外に行ってみたかった。オーストラリアでワーホリをしてみたかったので、彼には「ワーホリをしたい。一年間オーストラリアに行かせて欲しい。」と何度も頼みました。が、しかし、彼は大反対していました。というのも、彼はもともと海外に興味がなかったので、私がワーホリに行きたいという気持ちが全く理解できなかったんです。

彼の言い分は。「例えば『オーストラリアでしか勉強できない、日本では学べない分野があるから、海外に行って勉強をしたい。』と言う、具体的な理由があるならわかるだけど、TAEの場合はただ単に『海外に行きたい。』なんて意味がわからない。それに、TAEがいなくなったら寂しすぎる。行かないでほしい。」と言われてしまったんです。

昔の私は、完全に他人軸(自分の意見よりも、他人の気持ちを大切にすること)で生きていたので、この彼の気持ちを無視するわけにはいきませんでした。ワーホリを通じて、人生観が変わった今の私なら「そんなん、あんたの気持ちやろ!私はワーホリに行きたいんだから行くで!!」と言って、軽くツッぱねたと思いますが、当時の私には、彼の気持ちも、とても大事でした。

二人の話し合いは平行線をたどるばかり。結局、「半年だけオーストラリアに行く」という、折衷案で和解しました。私はオーストラリアに1年行きたい。彼は全く言って欲しくない。その間をとった形になります。

結局は、ワーホリに行って1~2ヶ月目くらいでうまくいかなくなり、別れることになったのですがwちなみに、別れを切り出したのは彼の方からでした。理由は、私がいなくて寂しすぎたからとのこと。私と別れれば、気持ち的に楽になるだろうと踏んで別れを切り出したんだそうです。(←帰国してから聞きました。でも別れたらもっと寂しくなって、「なんであの時別れようって言っちゃったんだろう?!別れなければよかった!」と後から言っていました)

そんな彼も、私と別れた後、新たに素敵な女性に出会い、結婚。今度子供も生まれるそうです。彼が幸せになってくれて本当に良かったと思っています。異性は35億いるわけですから、やっぱり一人に固執しなくていいんですよね。

私はその彼と別れたあと、オーストラリアで新しい彼氏(オーストラリア人)に出会い、貴重な体験をさせてもらいました。オーストラリア人の彼と、オーストラリアでしかできない体験ができたのは本当に良かったです。日本人の人と付き合っていては絶対に分からないようなことがたくさん経験できたからです。文化の違いとかね。

 

まとめ

恋人と別れてからワーホリをするか、恋人を日本に残したままワーホリに旅立つか。の答えはありません。人によって、性格も恋人との関係も、考え方も全然違うのに、たったひとつの答えなんてあるわけがありません。それぞれ、「自分にとっての正解」があるだけ。自分で考えるしかないです。

ただ私の意見として言いたいのは、やはり「自分が何をしたいか」ということだと思います。日本で恋人と過ごすのが大事なのか、海外で新しいことにチャレンジするのが大切なのか。いったい自分はこの人生で何をしたいのか。そういったことを突き詰めて考えていくと、答えは出てくるのではないでしょうか。

もちろん、簡単に答えが出せる問題ではないので、たくさん悩むと思います。だけど、そういった、「人生の岐路について考えること」それ自体がもうすでにワーホリの醍醐味だと思います。

ワーホリに行けばわかるのですが、ワーホリビザって本当に自由です!学生ビザ、ビジネスビザと違って、やる事って本当に決まってないんです。1年間学校に行ってもいいし、働いてお金を貯めてもいいし、友達と遊び歩いててもいいし、何もせずぼーっと療養的な生活をしててもいい。本当に何してても自由。

日本で生まれ育っていたら、だいたいお決まりのパターンがありましたよね。「高校&大学を卒業した後は、会社に行って、適齢期にいい人を見つけて、結婚して子供を作って、マイホーム建てて…」みたいな、うっすらとしたレールが見れると思います。

日本人はそういうレールに沿って生きるの得意だと思いますが、自分で何かを決めるのに慣れてる人は少ないように感じます。ワーホリでは、そんな今までの生活とは真逆。全部、自分で決断しなきゃいけないことの連続です。

だから、そのワーホリ本番の前哨戦として、恋人とのことをじっくりと考えてみるのは、良い練習になるのではないでしょうか。私が唯一意見を言うのを許されるとしてら、伝えたいのは、「一番大切にしてほしいのは自分自身の気持ち」ということです。

恋人は、もちろん「寂しい」とか色々思うと思いますが、これは自分の人生です。自分の人生の主役は、自分です。あなたの恋人ではありません。あなたの恋人は、あくまで脇役です。自分自身が、自分の人生をどうしたいのかをよく考えて、それから恋人のことを考えたらいいのではないでしょうか。何度も言いますが、正解はないのですから。

 

【オーストラリアワーホリ体験記①】ワーホリするのを決めた理由。海外に対する漠然とした憧れ。

こんにちは!オーストラリアで2年間ワーホリをし、今は英語を使ったオフィスワークをしているTAEです☆

これからワーホリを検討している人、もしくは絶賛ワーホリ中の人は、とにかくワーホリに関する情報が欲しいところですよね。ネットにはワーホリに関する情報が溢れ返っていますが、発信元の多くはエージェントだったりと、ビジネス絡み。そうすると、どうしてもバイアスの掛かった、偏った情報になってしまいます。

例えば…「語学学校には必ず行かなければいけない!」とか、「保険は絶対に入らないといけない!」などなど。これらは、紹介すると紹介料がもらえるから、そう言っているという側面が強いです。

TAEの意見はこちら↓↓

wakuwaku-everyday.hatenablog.com

wakuwaku-everyday.hatenablog.com

 

なので、そうした業者がビジネスチックに発信している情報ではない、もっとこう…実際の一日本人女性が体験した、生のリアルな体験談を発信したいと思いました。実際のワーホリと、ネット上の情報の差が、かなり大きくなってしまったという印象があるからです。

語学学校一つにしても、語学学校に通っても全然英語力伸びてない人もたくさんいるし、逆に通わなかったけど、英語が上達した人もいます。選択肢は、ごまんとあるんです。

これからワーホリを検討している人の参考になれば幸いです♪あと、帰国して2年近くの月日が経ち、ワーホリ生活を忘れてきてしまっているので、そんな自分の為の備忘録的な意味合いもあることをご了承ください☆それでは、さっそく行ってみましょ~!!

 

元々、海外に強い興味があった私

海外への興味は、割と子供のときからあったように思います。よく覚えてないけど、少なくとも、小学校の低学年頃にはありました。理由は、ご近所に住むおじいちゃんでした。

そのおじいちゃんは、米軍で通訳をしていた経験があり、ことあるごとに私に「TAEちゃん、外国に出た方がいいよ。この狭い日本だけに留まっているんじゃなくて、世界を見た方がいい。2つ以上の価値観を持っていると、なにか悩みがあったときにも『でも、あっちの国では、ああいう考え方をするもんな』って上手に切り替えることができるから」と言ったものでした。

30歳を超えた今思うのは、小学校低学年から、ほぼ毎日のようにこのおじいちゃんの家に遊びにいき、毎回こういった話を聞かされて育った私ですから、それはもう潜在意識の奥底にまで「海外への漠然とした興味」は植え付けられていたと思います(笑)それに「英語が話せるほうが、世界が広がるからいいよ」ともよく言われていました。

 

大学はアメリカに留学したかった

「いつかは海外で暮らしてみたい」という思いを抱きつつも、高校までは普通科に通い、特に英語に触れる生活ではありませんでした。転機は大学受験。どうしても日本の大学に自分が通うビジョンが浮かばなくて、受験勉強に全く身が入らなくて。

そんな折、なにかの拍子に「大学から、アメリカ留学できる」っていう情報を小耳にはさんで、さっそくいくつかの留学エージェントの説明会に母と足を運びました。説明を聞けば聞くほど、どんどんアメリカ留学に想いを馳せる私。

そんな私とは対照的に、母の表情は全く明るくなく、パンフレットの留学の費用のページを見て一言、「ウチにはそんなお金は無いよ。お父さんに相談するまでもないよ、こんな金額」と言い放ちました。

その母の表情を見て、すべてを悟った私は、アメリカ留学を即座にあきらめ、華々しく高卒フリーターへの道を突き進んでいったのでした(笑)今にして思えば、もし本気でアメリカ留学したかったのなら、自分でお金を貯めるなり、奨学金を調べたりしたでしょうから、所詮その程度の気持ちだったということなのだと思います。

 

しばらくは、海外への興味を忘れていた

高卒フリーターになってから2年経ち、ある日急に「大学に行って経営を勉強したい!」って思い直して、1年間独学して、大学に入学しました。授業に期待していましたが、そこは日本の大学。授業はクソでしたねw自分で本を読んだ方がよっぽど役に立ちました。

大学を卒業してからは、海外とは全く関係の無い分野(スポーツトレーナー)で働いて、しばらくは自分が英語や海外に興味があったことはすっかり忘れていました。むしろ大学時代は「日本にいるのに、英語なんて必要ねーよ!」ってオラついてて、何度も何度も必修の英語の単位を落とし、再履修の嵐でした。

 

海外への興味を思い出したのは、妹の意外な発言

そうして、会社で働いているうちに、すっかり海外への関心を失っていた私に訪れた転機。妹が急に「TAEちゃん!(←妹は私をこう呼ぶ)一緒にワーホリ行かない?!」って言い出したんです。

妹が海外に興味があったなんて知らなかったので、私はもうビックリ!!だって、妹の口から「外国」なんて聞いたこともなかったし、英語の成績も、全然良くはなかったので。「え!!お前、急に海外とか!え!そんなキャラだったっけ?!海外で暮らすとか、英語は?!お金は?えええ!てか、そもそもワーホリってなんだっけ?!」って頭の中はメダパニ状態でしたね。

そのときに、ふっと「あ、そういや私、10年くらい前は、めっちゃ海外行きたいって切望してたな」って思い出したんです。どこかにしまってた、淡い想い。なんだか、ちょっとくすぐったくて、苦しくて、甘酸っぱい、初恋みたいな思い出。

でもすぐ「英語話せない!怖い!ってか、金がねぇ!!」ってできない言い訳を探し始めてました。当時私は、マジで薄給だったので(平均月収13万くらい)、ワーホリに行く資金を貯めるなんて、とてつもない高い壁のように思えていました。

実際は、ワーホリってそんなにお金かからないんですけどね。それについては、こっちの記事で詳しく書きました↓↓

wakuwaku-everyday.hatenablog.com

 

それに何より、妹に「マジでお金がないから、行きたくてもすぐには行けない」なんて恥ずかしくて言えなくて「ああ…うん…」なんて、曖昧に答えてました。今思えば、マジでいらない、こんなプライド!!姉のクソくだらないプライドなんて、いらねーんだよ!!その時点で妹には正直にゲロって、一緒に方法でもなんでも考えれば良かったのにワーホリ前の私ときたら…。

そんな風にお茶を濁していたら、妹はしびれを切らして、さっさと一人でオーストラリアへ旅立っていきました。マジでナイス判断、妹。こんなうじうじしてる姉は、見切るが勝ち。

妹が先にワーホリに行って、少しさびしかった反面、ホッとしてる自分もいました。「ああ、もうこれでワーホリ行かずに済む。挑戦しなくて済むんだ」って。結局お金がなんだって理由をつけて、新しいことに挑戦するのが怖かっただけなんですよね。

 

それでも消えなかった、海外への想い

それからしばらく、ワーホリのことは忘れていました。それでも、もともと海外に興味はあった私。それを大学留学の時に金銭的なことを理由に無視をして、30歳間近にしてまた同じことをしようとしても、もう2回目は無理でした…。

どんなにワーホリへの想いに蓋をしようとしても、もうできなかったんです。妹がワーホリに旅立ってから数か月、気が付けばワーホリについてググっている自分がいたんです。「なんだよ自分。やっぱり海外に行きたいんじゃん」って思いました。

それでもなんか踏み切れずにいた私でしたが、こじんまりと営業されているエージェントを発見し、そこのHPを読み込んでいるうちに、「ここでなら安心してワーホリできそう!」と思い立って、ワーホリ行きを決意しました。

そこに決めた理由は、なんでもかんでも決めつけていないところ。「たとえば、こういう考え方もできるし、こういう考えもあるよね、最後は自分で決めてね。」っていうスタンスが、他のビジネスライクなエージェントとは一線を画していました。私の最大の懸念、ワーホリ費用も、「やろうと思えば、いくらでも抑えられる」って持論を持っていたところだったので、すっごく共感して、そこのエージェントにお世話になることにしました。

 

決めてからは、あっという間

「よし!ワーホリするぞ!」って決めてからは、すべてが早かったことを鮮明に覚えています。

●オーストラリア行くから、飛行機予約しなきゃ→お、2月が安いぞ。2月にしよ~

●2月だから、そこを目処に退職の意思を職場に伝えよう~

てな感じで、ポンポン物事が運んでいきました。「こんなに何でもうまく物事が進むんだ」ってビックリしました。結局、「ワーホリ行く!」って決心するまでが、一番大変だったんですよね。決めたら、あとはやるだけの世界になるので、それはそれは早かったですw

 

理由は、「行きたいから」でOK

よくワーホリ関連のサイトで「成功するワーホリのためには、明確な目標を持つことが大事」と書いてありますが、私は、目標なんてなくてもいいと思っています。現に私も、明確な目標なんて持たずにワーホリをスタートさせました。

それでも、今英語を使った仕事ができるくらいの英語力を身に着けて帰国できたし、オーストラリア人の彼氏はできたし、外国人の友達もできたし、ローカルレストラン&ファームで働けたし、ウーフ(オーガニックファーム)を楽しんだし、死ぬほど充実したワーホリ生活を送ることができました。

もちろん、「英語を使った仕事がしたいから」などの明確な目標を持って、ワーホリすることは全然かまいません。それは個人の自由。

でも、多くの人がワーホリする理由って、なんかこう…「海外に興味がある」とか「今の自分や生活を変えたい」とか「なんか新しいことをしたい」みたいな、ふわっとした、漠然としたものなんじゃないでしょうか。というのは、本当に明確な目標があるなら、ワーホリじゃなくて、留学とかビジネスとか、そっちに目が行くと思うので。

言うならば、「なんか新しいものに触れて、今の自分に化学反応を起こしてみたい」っていう一言に尽きるんじゃないかと。そしてそれって立派な「明確な目標」じゃないですか?!日本って、島国だし、鎖国的だし、基本日本人ばかりだし。そんな日本人が「海外に出て生活する」っていうだけで、得られるもの、いっぱいあると思いますよ。

少なくとも私は、「ワーホリ前の自分には、死んでも戻りたくない」って思うくらい、ワーホリで多くのものを得ました。

だから、いまワーホリに行く「明確な目標」がない人でも、安心してワーホリに行ってほしいって、TAEは思います。目標なんて、あっち行ってから作ればいいじゃないですか。

イケメン外国人好みの日本人の顔って?一重まぶたで悩んでる人は、ぜひ読んでみて!!

こんにちは!三度の飯より、イケメンが大好きなTAEです!!

私は以前、オーストラリアに二年ほど住んでいましたが、そのときに「オーストラリア人の彼氏いたよ」って言うとたいていのジャパニーズガールたちは

「え?!その彼イケメン?ねぇ、イケメン?!!」

「写真!写真見せて!!」

って鼻息荒くして、私の外国人元カレのご尊顔を見たがるんですよね(笑)みんな、どんだけ外国人イケメンに興味あるんだよっっ!!ww

そして必ず続くのが「私も海外行ったら、外国人の彼氏できるかなぁ?」「日本人女性がモテるって本当?」という質問。

お前ら、本当に飢えた狼だなみんな、おとなしそうな顔して、本当は外国人と付き合うことに興味深々なんですね!!ってことで、今日は「どんな顔が外国人ウケするのか?」という、身もふたもない内容を書いていきます!

もちろん、顔の好みには個人差がありますし、一概に括れるものではないですが、あくまで大雑把な傾向として楽しんでもらえたらと思います。

 

西洋系には、アジア顔。アジア系には、「かわいい」顔がモテる!

在豪20年以上の日本人女性に聞いて、「なるほど」と思ったのが、『西洋系(白人系)の外国人にはアジアンな顔。アジア系の外国人には、日本人が思う「かわいい顔」」がモテる』ということ。

西洋系にアジアン顔がウケる理由

アジアンな顔といえば、一重まぶたに低い鼻の、いわゆるウチラが見慣れてる、あれですよ、あれ。あの顔です。TAEも寸分の狂いもなくこの顔です(笑)初対面の男性に「顔、めっちゃ和だよね」って言われたこと3回くらいあります。

めっちゃ「和」ってなんだよ?!日本人なんだから、和に決まってんだろーーがーーー!!というツッコみはおいといて、本題入ります。

日本では、この顔、人気ないですよねwみーーんな二重まぶたになりたがってるし、高い鼻になりたい。女性雑誌には二重まぶたになるためのメイク法や、整形級に高い鼻になる方法であふれてますよね。

でも、オーストラリアに住んでみて分かりました!私たちアジア人に、そんなものは求められてない!西洋人はほぼ100%二重で、みーーーんな鼻が高いです。ウチラがどんなにノーズシャドー使おうが、アイプチしようが、もう敵いっこないです!絶対勝てない。あの人たち、顔のホリ深すぎw

だからこそ、外国人たちにとって、「二重まぶた&高い鼻」なんて、価値がないわけです。それよりも、私たちがイヤダーーーって思ってる「一重まぶた」の方が魅力的!って彼らの目には映るわけです。(もちろん、人に寄りますが)

だから、とにかく西洋人にモテたい!って思うならば、日本で流行ってる、とにかく二重まぶたにして、カラコン入れて…なんて、もう言っちゃえば「白人のマネ」してるメイクなんてやめることです。もう本物には勝てないです。マジで。ウチラがやっても、フェイクでしかない。

それより、もともとの顔立ちを生かして、アジアン全開にしていった方が、外国人受けはいいです。私の周りを見ても、THE★白人の彼氏をゲットしていた人はみな、THE★アジアって顔をしていました。日本では決して「かわいい」って言われる顔ではないけれど、外国人からは、エキゾチックって見えるみたい。

 

アジア系外国人からは、いわゆる「かわいい」顔がモテる

ひとことに「外国人」と言っても、たくさんの人種がいますよね。特にTAEが住んでいたオーストラリアは移民国家ですから「オーストラリア人」と言っても、もはやそれは白人に限ったことではなく、いろんなバックグラウンドを持った人たちがいました。

見た目は完璧にアジア人でも、生まれも育ちもオーストラリアの、「オーストラリア人」もたくさんいるわけです。

でも、なぜかそういう人たちが好むのって、ウチラが思う、「かわいい顔」なんですよねww二重で、目が大きくて…っていう、ああいう顔。なんでだろう。やっぱり人間、ないものねだりなんでしょうね。

パッチリ二重&高い鼻の彼らは、一重&低い鼻の顔をキュート!って感じて、和の顔な人たちは、西洋っぽい顔に魅力を感じる。面白いもんですよね。

現にオーストラリアで出会った日本人ワーホリの女の子で、いわゆる日本人が思う「かわいらしい」顔の子は、現地でもモテていたけど、同じアジア出身の男の子、もしくは現地生まれだけど、両親がアジア、などの、いずれもバックグラウンドがアジアな男の子ばかりでした。

少ない事例ではありますが、現地で知り合った私の日本人女友達で、いわゆる日本人が思うかわいい顔(お目目パッチリふたえ)な子は、みーーーんな彼氏がアジア系でしたね!!オーストラリア人ではあるけど、血はアジアな男の子たちでした。うん!これって面白い!!

 

まとめ

もちろん個人差はありますが、大まかな傾向として

●一重まぶたの、いわゆる和の顔の人→西洋人にモテやすい

●二重まぶた、お目目パッチリ、いわゆる「かわいい」と思う顔→アジア人にモテやすい

というのは、あると思います。なので、日本では「私なんて、どうせかわいくないし!!」って拗ねてる人は、海外に出るのもありだと思いますよ!「二重まぶたが絶対にいい!」なんて二重まぶた至上主義なのは、日本や韓国など、一重の国だけの話なんだなってことが分かります。

西洋の人は、みんな二重なので、「一重、二重」って概念すらない人も大勢います。私も知り合いのイギリス人に二重の話をしたら「え?なんの話?!え?目の上のラインのこと?!そんなこと、この人生の中で、一度も考えたことなかった!!」って言われたことありますww

世界は広いので、自分の顔がモテる国に行くっていうのもいいと思います。つまりは、考え方を広げるってことです。ブルゾンちえみさんも、「私は日本人にはモテないけど、ネパール人には死ぬほどモテる。みなさんも、自分がモテる国が必ずあるから、それを見つけて!」って言ってまして、私は国がもげそうになるほど同意しました笑

 

おまけ。一重で悩んでる人たちへ

TAEは正真正銘の一重まぶたで、思春期のころは、鏡を見るたびに落ち込んでいました。母も妹も、兄も、みーーんな二重でぱっちりお目目なのに、どうして自分だけ一重なんだろうって。

さすがに大人になれば「人間、顔だけじゃない」って開き直れましたが、若いころは悩んでる人が多いと思う。日本では、あまりにも「二重まぶた大正義、一重は悪」って概念がはびこっているから。

でも、オーストラリアに来て、14歳の女の子に「TAEの目ってすっごいクール!いいなぁ。私も、そんな目になりたーーーーーい!」ってすっごい純粋なキラキラした瞳で言われて、なんか救われた気がしたんです。

もちろんその時はもう30歳だったし、さすがに一重コンプレックスからは脱却してたけど、いまだに日本では「二重まぶた教」が布教してるから、心の奥底ではちょっとした引け目があったんだと思う。

でも、それはこの日本っていう、小さな小さな島国での価値観で。二重まぶたが100%の国では、二重まぶたには何の価値もなくて、むしろ「一重まぶた、クール!!すげえ!!」って価値観もあるんだなって。すっごい心が楽になった。

だから、何が言いたいかっていうと、みんな、自分が元々持って生まれてきた顔に、誇りを持っていいんだと思う。一重がいいとか、二重がいいとか、そんな美醜感覚は、国や時代によって違うから。そんな第三者が作り出したイメージに振り回されるんじゃなくて、もっと、「自分だけが持ってる、自分だけの顔」を大事に思った方がいいなって。

あ、これ、書いてて気付いたけど、一重まぶたで悩んでた、中学生くらいの自分に言ってるな(笑)ホント顔なんて、人の好みそれぞれだから、自分が自分の顔を好きなら、それでいい。他人が、どう思うかなんて関係ない。無いものねだりしたってしょうがないよ。

「これで憧れのハーフ顔☆整形級メイク♪」なんて、うちら日本人なのに、わざわざ白人の顔になるのを煽る雑誌やメディアの声なんて無視していい。私たちはそんな顔に生まれてないからww自分に配られたカードでやっていこう。それで十分幸せになれるから。

ワーホリに年齢は関係ない。学生でも社会人でも、行きたければ行けばいい。

こんにちは!オーストラリアで2年間ワーホリし、今は英語を使ったオフィスジョブをしているTAEです!

 

今日は「ワーホリと年齢」について書いていこうと思います。実際にワーホリを経験した私だからこそ書けること&考えたことを書きますね♪♪

 

大体何歳くらいの人がワーホリをしているの?

これはですね、TAEの体感としては、大学を休学してくる20代前半の若者組と、30手前にして「もう時間がない!」と駆け込みワーホリする、この年代がボリューム層かな、という気がします。

 

若者組は、「学生である今のうちに海外を体験しておこう。就活の際の話のネタにもなるし」という感じで、30前後のギリホリ組は、「会社で何年か働いてみたけど…私の人生これでいいのかな?」という、いわばリセット的な意味合いが強い印象です。

私はアラサーなので、後者の方にすごい共感できますねww日本で何年か社会人をして、仕事もそれなりにできるようになってきたし、特に不満もあるわけじゃない。だけど…なんていうか…「このまんまでいいのかな?」感がすごくある。このまま日本で、この鬱蒼とした感じを引きずって、生きて行かなきゃいけないのかな?見ないふりもできるけど、でも時々、「ずっとこの同じような生活が続いちゃうのかな?」っていう、なんかこう、ちょっとした不安がいつまでも胸につかえてある感じ。

 

TAEの場合

私は29歳の時にワーホリをしました。いわゆる、ギリホリってやつです。きっかけは、妹が「一緒にオーストラリアでワーホリしない?」って誘ってきたことです。

私は実は、海外にすごく興味があって、大学はアメリカの大学に進みたかったんですね。だけど、親に相談したら、「うちにそんな金はない」と言われ、断念をしました。(もちろん、奨学金など、他にも手段はあったでしょうから、所詮その程度の気持ちだったのだと思います)

そのまま海外への好奇心に蓋をして、「自分は海外に興味はないんだ」って自分にある種言い聞かせて、日本国内の大学に進学し、卒業後は日本で、海外とは全然関係のない仕事をしていました。

そんな折、妹から突然転がってきたワーホリの話。すごくビックリしたけど、心が良い意味で揺さぶられましたね。「え…ワーホリ?何それ?そんなに簡単に海外で住めちゃうもの…なの?!」って。だって、妹も全然英語話せるわけではなかったですから。

すごくすごく興味をそそられたものの、結局その時は「お金がないからいい」って断って。今思うと、完全に言い訳ですね。お金なんて、どーにでもなるわけですから。

ワーホリの初期費用については、こちらで詳しく書きました。↓↓

wakuwaku-everyday.hatenablog.com

 

そうこうしてるうちに、妹はワーホリに旅立っていきました。「お金が無いんだもん、しょうがないよね」なんて、自分を納得させる言い訳を言いつつ、心の中は安堵感でいっぱいでした。だって、チャレンジしなくていいわけですから。やっぱり人間、初めてのことは怖いものです。

それでも、半年後くらい時間が経ってからかなぁ?どうしてもワーホリのことが忘れられなくて、再度ネットで調べ始めるようになり、「やっぱり行きたい!」となって、行く事を決心しました。ホントおせーーよwww

妹が先にワーホリに行ってくれたおかげで、色々思い出せたんですよね。自分がなんかよく分かんないけど、漠然と海外に興味を持っていること。このまま、日本だけに留まっていることは嫌だってこと。怖いけど、やってみたいってこと。

実際に勇気を出して行ってみたら、これがまた本当に大正解でした!

ウーフ(オーガニック農家)で、トラクターを乗り回したり、新鮮な野菜を採取したり、オーストラリア人の彼氏と大ゲンカしたり…様々なドラマがあって、私を、人間として大きく成長させてくれました。ワーホリ前の自分には、絶対に戻りたくない。ワーホリのない自分の人生はありえない。自信を持ってそう言えます。

 

学生さんにとってのワーホリ

学生にとってのワーホリも、すごく大きな意味があると思います。というのは、これから就職という、自分にとっての大きな決断を下すわけですよね。その時に日本で普通に高校、大学と通って、日本しか知らなかったら、視野が極端に狭いと思う。そんな状態で、果たして自分の求める環境の場所を選ぶことができるのか?と思います。

就活、という点を抜きにしても、若い時期に海外に出て、自活するというのは大きな意味がありますね。現に、私がオーストラリアで知り合った日本人の男の子。大学を休学してワーホリに来ていたんですが、ワーホリ始めた直後は、どこか頼りなくて「自分のことは気持ち悪い、嫌いだ」って言ってたんです。

それが、ワーホリ終了後は、自信に満ち溢れた顔をして「まぁ、就活なんてなんとかなるっしょ!余裕~♪」なんて、言ってました。(実際、オーストラリア内で生活するのと比べて、母国語が使える日本は余裕だと私も思ってますw)それで私が、「ねぇ、自分のこと、好き?」って聞いたら「え?好きだよ?当たり前じゃん!」ってさも当然のように言われました。「ワーホリ前は、自分のこと気持ち悪い、キライだ!」って言ってたよ、アンタ!って思わずツッコミましたが、本人はもうそんなこと覚えてもいなかったようで(笑)一年間で人はこんなにも変わるのだな~なんて感心しました。

もちろん、ワーホリしていても、話すのはもっぱら日本人だけ。日本食レストランで働いて、日本人としかつるまない。なんて生活をしていたら、ワーホリをしてもさほど変化はないと思います。

だけど、きちんと勇気を出してローカル社会に飛び込んで行って、様々なトラブルに見舞われながらも、それを乗り越えた後には、こんなボーナスが待っているものです。慣れない言葉&文化で、親元を離れて一人でアルバイトして、生計を立てて、生活ができた。これだけで、ものすごい自信になりますからね。

若い時に、こんな貴重な体験ができるのは、その後の人生に大きな影響を与える、素晴らしいことだと思います。TAE個人的に、学生さんで「今ワーホリ行きたい!」って思っている人がいるなら、「行っちゃえばいいじゃん」って思いますね。確かにワーホリは30歳までできるので、今休学してまで行く必要あるのかなぁ?って思っちゃうかもしれませんが、私は「行く価値がある!」と思っています。

 

アラサー世代の場合

ワーホリができるようになるギリギリの、アラサー世代の人で、ワーホリが気になっている人!そんな人たちにも、ぜひワーホリを経験して欲しいな、とTAE個人的には思いますね。

「30歳間近じゃもう遅すぎるかな?」「英語が吸収できないかも?」年齢的に、そんなことを気にしちゃうかもしれませんが、心配しなくて大丈夫です!まず、英語ですが、アラサー世代でも全然間に合います!!

まず、私も29歳でワーホリしましたが、全然余裕で英語伸びましたし(もちろん努力はしましたよw)今は英語を活かした仕事を日本でしてますしね。それに、個人的に30歳から本格的に勉強を始めて、同時通訳にまでなった人を知っているので、ホントにヤル気次第で、年齢は関係ないと思います。

それに、誤解されがちですが、ワーホリ一年を充実させるにあたって、英語力ってそんなに重要じゃないですからね!なんか、他の色んなサイトは「英語が出来なきゃダメ、出来なきゃダメ」ってやたら煽るけど、ワーホリなんて、たかだか一年じゃないですか。永住や、ビジネスで長期滞在、とかだったら、高度な英語が必要になってくる場面もあるかもしれませんが、ワーホリなんて、もっと気合とかノリの方が大事になってきますね。

まず、仕事ひとつにしても、ワーホリなんて、期間限定ですから、そもそも正社員にはなれませんよね。できる仕事といえば、レストランとかカフェとか、ファームとか、そういうカジュアルジョブが主になってきます。そして、当然ですが、これらには高度な英語は必要ではないです。

そして、おそらく「ワーホリをしたい」という人の多くが「世界中の友達を作りたい」という目標を掲げてくると思いますが、友達を作るにしたって、語学力より重要なことがたくさんあります。笑顔とか、愛嬌があるとか、もっと、そういうこと。だって、語学力が高ければ友達になれるんだったら、私たちは日本人全てと友達になれるはずですよね?でも、実際は感じの悪いヤツとは友達にはなりたくないじゃないですか。そういうことなんですよ。

逆に、英語はあまり上手じゃなくても、ノリが良くて、笑顔が素敵な子は、いつも人に囲まれていましたね。

 

会社を辞めることに対する躊躇

アラサー世代は、学生の休学とは違い、「会社を辞める」という、大きな決断を迫られますよね。私は幸い?どのみち当時の仕事(マッサージ業界)に嫌気がさしていたので、会社を辞めることに対する苦痛や迷いはこれっぽっちもありませんでした。

でも、大企業とか、いわゆる社会的に良い企業に勤めてる人にとっては、会社を辞めるのって、なかなか踏ん切りがつかないですよね。TAEもそう簡単に「会社なんて辞めちゃえば?」とは言えないですね。

ただ、みなさんもうお気づきとは思いますが、もう今は大企業でも潰れる時代だし、潰れなくても、大々的なリストラだって大いにあり得るし、「良い企業の正社員」っていう立場だって、100%いつまでも保証されているわけではないですよね。

それに、今本当に自分の仕事に満足して、充実感を得られているのであれば、そもそも「ワーホリしたい」とも思わないでしょうから、やっぱり心のどこかで「今の状態から脱却したい」っていう思いがあるのでは?と思います。

グローバル化が進んで、世界のどこでも働くことができる、という時代に、日本しか知らず、選択肢は日本国内のみ。という方がリスクかな~。という気もしますね。もし、「リスク」ということが気になるのならば。

ただ、こんなん全ては結果論ですから、何がどう転ぶかなんて、誰にも分かんないです。「ワーホリ行ってよかった!」って思うかもしれないし「行かなければ良かった!」って思うかもしれない。でも、そんなん誰にも分からないわけです。

この世に唯一の「正解」なんてない。だから、結局自分で決めるしかないんですよね。

私は、ワーホリ前は、婚約者がいて、結婚前提に付き合っていましたが、どうしてもワーホリに行きたくなり、結果お別れすることになってしまいました。30歳目前にしてですw

でも、あくまでTAEの場合ですが、このまま結婚しても、どこか心の中で「ああ。ホントはワーホリで海外行ってみたかったのに。今は子供がいるから、一人で勝手に海外なんて行けやしない。それもこれも、アイツと結婚したせいだ!」って思ってしまう自信があったんです。そんなの絶対嫌だな~と思って、彼の反対を押し切って、ワーホリすることにしました。

結果、今は彼も新しい恋人と結婚をしたって風の噂で聞きましたし、私もワーホリで海外に行けて、本当に満足ですから、あの時、ワーホリに行って良かったなぁと思っています。

 

まとめ

結局、答えなんてありませんから、自分の好きなようにしたらいいと思います。行くのもベストの答えだし、行かないのもベストの答え。自分が後悔しないようにすればいいだけだし、後々後悔したとしても、それすらも答えなのかもしれない。

ただ、私が29歳でワーホリしたので、アラサーでも海外に挑戦するのに遅すぎるってことはない。それだけは確信しています。

あとは自分のハートに聞くだけですね!大丈夫!どっちを選んでも、それがあなたにとっての、正解ですよ!!!

 

オーストラリアでワーホリを始めるのにおすすめの時期は?経験者がアドバイス!

こんにちは!オーストラリアで2年間ワーホリして、今は英語を使ったオフィスワークをしているTAEです!!

 

今回は、オーストラリアでワーホリをするのにオススメの時期について話します。「ワーホリ気になってるけど、いつがいいんだろう?」って人に読んでもらいたいです♪

 

行きたいときが一番!

結論から言うと「自分が行きたいと思った時」がベストタイミングです。うわぁぁぁぁぁぁぁ!ちょ、ちょっと待って!!「んだよ、そんな精神論かよ、はいはい終了~」なんてページ閉じないでぇえええ!これには、れっきとした理由があるんです。ちゃんと順を追って説明します。

 

気温を基準に考えてみる

渡豪の時期を決める尺度の一つに、「気温」があると思います。オーストラリアと日本の季節は真逆ですから、日本で冬の時に、あっちは夏といった具合です。でも6月とか微妙な時期だと、「え?結局オーストラリアでは今どうなの?」ってなってしまうので、TAEのオススメは、月に6を足すか引くかしてしまう方法ですw

今6月なら、6を足してあっちでは12月→うん、寒いな。今11月だったら、6を引いて、5月→うーん、あったかくなり始める時期かな?なぁーんて、めっちゃ想像しやすくないですか?!TAEはこのやり方、めっちゃ気に入ってますw

 

始めるなら、あったかい時期?寒い時期?

この、スタートはあったかい時期or寒い時期論争は、たびたび勃発しますが、こんなん解釈次第なんですよね。

渡豪してすぐに寒いと、ただでさえ不安なうえに、テンションも下がりがち。やっぱりあったかい時期に行った方がいいよ!っていう考え方もあるし、

いやいや。どうせ最初は語学学校と家の往復で、大したこともしないんだから、あえて寒い時期に行く!そんで英語にも現地にも慣れて「そんじゃ、本格的に活動すんべ」って時にあったかい方が良くない?!って考え方も当然あるわけです。

ね!答えなんてないでしょ?

 

そもそも気温なんて場所によって全然違う

あとですねー。上記のことは、あくまでシドニーメルボルンにいるときの話であって。北の方の、たとえばクイーンズランド州に行くと、話は全く変わってきます。

分かりやすいように、地図出しますね。

 

 

     

f:id:wakuwaku-everyday:20180112114511j:plain

 

オーストラリアってまぁ、こんな感じの国なんですけど、南半球にあるので、日本とは逆。北に行くほどあったかくて、南に行くほど寒いんです。北海道があったかくて、沖縄が寒い感じですね。

 

それでですね、「オーストラリアって、いま寒いの?」って聞かれても「そんなん、一概に言えないわっっ!!」ってなっちゃいます。

というのも、例えば今が7月だとします。シドニーでは気温は8~16℃ですが、ケアンズでは16~26℃です。シドニーではコートが必要だけど、ケアンズでは、半そででイケちゃうよ♪これくらい、同じ国の中でも気温が違うんです。

もうホント、日本とは国の大きさが違うんです。世界地図見て、大きさを見比べてみてもらえば分かるけど、「え?これで一つの国なの?!」ってくらい大きい。だから、「オーストラリアの気温」なんて語れないんですよね。場所によって違いがありすぎますから。

寒いの嫌いなら、北の方の、クイーンズランド州に行っちゃえば、もう通年であったかいですからね。気温で渡豪時期を迷う必要もなくなっちゃいます。

話は逸れますが、この同じ国内で、気温を意識して移動、なんてこともできるのですね。冬場は寒いからクイーンズランド州に北上して、あったかく過ごし、夏になったら暑すぎるから、南下して、シドニーやらメルボルンのある州で快適な時期を楽しむなどなど。これも、色んな土地を何の縛りもなく放浪できる、ワーホリの醍醐味ですよね。

 

それに、オーストラリアって、タスマニアを除けば、冬でもそこまで寒くないです。感覚的には東京と同じくらいです。夏は暑いし、冬は寒いけど、そんな我慢できない程でもないみたいな。

なので、そんなに開始時期を気温で意識しなくてもいいんじゃないかな~とTAEは思っています。どうせワーホリって一年間いるんですから、一周するじゃないですか。

 

仕事を基準に考えてみる

よく「〇月はファームの仕事が見つけやすい」とか「〇月はカフェの仕事ゲットしやすい」等、ネットに書いてあるの見ますが…TAEとしては、「いつでも一緒、あまり変わらない」と思っています。

 

「傾向」考えるべきか

というのもですね、「〇月はファームの仕事ゲットしやすい」とか、そういう「傾向」って、自分一人が仕事を得る分には、あまり関係ないと思うんです。

もし自分がワーホリ仲介業者などで、10000人のワーホリ分のファームジョブを確保しなければいけない!とかなら、傾向や対策は練った方がいいかもしれませんが、たった自分一人ですよね?仮に「傾向」があったとしても、一人分の働き口なんて、その傾向の「誤差」に入っちゃうんじゃないかと思います。

 

傾向よりも大事なもの

自分が仕事を得るためにもっと大事になるものは、「知り合いからのコネ&情報」「タイミング」あと「運」です。一つずつ見ていきましょう。

 

知り合いからのコネ&情報

これはワーホリで仕事を得るにあたって、かなり重要になります。現にTAEが時給23ドル&従業員の半分が地元のオージーという、スーパーマグネフィティックうるとら優良ファームの仕事をゲットできたのも、知り合いからの情報でした。

たまたま、友達がシェアハウスの見学に行くっていうから、同行していって、そのときに一緒のタイミングで見学してた初見の日本人ワーホリの女の子に教えてもらったんですwwもはや知り合いですらないっていうww

「私いまからファーム行きたいんだよね~。いい場所知らない?」って聞いたら「私はここで働いてたよ!」って、オーナーに直につながる携帯番号を教えてもらえたんです!!これはマジで熱い!

ただ「ここで働かせてください」っていうよりも、「●●さんからの紹介で~」って言ったほうが、断然心象がいいですよね?!

ネットには転がってない、リアルな情報がもらえますよ!

 

タイミング

これもマジで大事!TAEはシドニーのローカルレストランで働いたことがあるのですが、採用してもらえたのも、ひとえにタイミングが良かったからです。レジュメをオーナーに渡したとたん、「ちょうど今、人を探していたのよ!!」って言ってもらえて、来週から即トライアル(トライアルって何?という方はこちら!)、再来週からすぐに働くことができました!

これも、一歩タイミングが間違えば違う人になっていただろうし、ほんと紙一重だったなぁと思います。

 

ここまで書いてて気づいたけど、上記の2つ「知り合いから情報もらえるかどうか&タイミング」も、全て運次第なんじゃね?という気がしてきた(笑)

もう、ぶっちゃけ仕事見つかるかどうかなんて、結局、運だよ、運!!←もはや、身も蓋もないww

だって、私がシドニーのローカルレストランで働けた時なんて、レジュメ渡したの初めてだったからね!他には何百枚も配ってる人もいる中で、私は1枚しか配ってない。てか、配ってるとすらいえないw

「そんな~!全部運任せなんじゃ、どーしよーもないじゃないか!」って思われるかもしれないけど、その運を「手繰り寄せる」ことはできると思うんだよな~。私もラッキーパンチで一発目でローカルレストラン決まったけど、それだってローカルにレジュメを渡すって行動をしたからだし。はなっから「自分にはローカルは無理」って、あきらめてたわけじゃない。

超優良ファームを、初対面の人に教えてもらえたのも、「ファーム教えて!」って私から聞いたからだし。

そう、全部自分から働きかけてる。結果、幸運を引き寄せてるんだよね。

 

以上、3つのことの方が、仕事を探すうえで、「時期」なんてものよりも大事なんじゃないかな~。と思いますね。仕事をちゃんと見つけられる人は、どの時期からワーホリ始めたって、見つけることができると思います。

 

語学学校を基準に考えてみる

ワーホリを始める人って、たいてい最初は語学学校に行くと思うんですよね。「へ?語学学校こそ、時期関係なくね?」って思われるかもしれませんが、語学学校は時期がけっこう関係あります(笑)

TAE自身は2月からワーホリを始めて6月までの、約4カ月、語学学校に通っていたのですが、その中で特にうんざりする時期があったんです。それは…

大学生の春休みの時期!!

この時ばかりは、めっちゃ生徒の数が増えます。今まで一クラス10人くらいだったのに、一気に17-20人くらいになる感じ。当然、先生の目も行き届かなくなります。

あと、ホントこんなこと言ったら申し訳ないんですけど、大学生の彼らの多くが、めっちゃ意識低い系です(笑)っていうか、必死感がないんですよね。ワーホリ勢と比べると。

ワーホリ組は(もちろん人に寄りますが)長期で滞在するので、英語の必要さを、ひしひしと体で感じています。なので、少なからず必死です。

一方で、大学生の彼らは、総じて滞在するのは2週間かそこら。なんなら観光の延長くらいの、ゆるふわ~なノリで語学学校に来ています。だから、授業中も、英語しか使っちゃいけないルールなのに、日本語バリバリ使ってきたり…。

普段だったら、誰も日本語使わないので、使えない(ってか通じない)のですが、春休みは多くの日本人大学生たちが押し寄せてきますから、日本語通じちゃう♪→みんな使ってるし、使っちゃえ♪みたいな雰囲気が横行してしまうのですね。

そんな低いレベルにいるお前が悪いんだろ、とか言われちゃいそうですが、一応私は一番上のクラスにいたんです。だけど…!日本人ってリーディングとグラマーはできちゃうから、入学試験の結果だけは、べらぼーに良くて、上位のクラスに入っちゃうとか、日本人語学学校あるあるなんですよ!それで、スピーキングは絶望的にできないから、結果授業中に日本語使いまくるっていう…(´;ω;`)結果、クラス全体のレベルがガクッと落ちます。

だから、避けられるものなら、大学生の春休み&夏休みの時期は避けたらいいのかな?と思いますけど、そのためだけに渡豪時期をずらすのも、なんだかなぁ…。という感じですね。そこまでする必要ある?コスパ悪くない?って思います。どーせ彼らは1か月くらいしたらいなくなるわけですからね。

 

まとめ

以上、渡豪の時期を「気温」「仕事」「語学学校」の3つの視点から考察してみましたが、総じて「時期を決定するにあたっての決定的理由」にはならないな、というのがTAEの個人的意見ですね。

そんなことよりも、自分の仕事の引継ぎがいつ終わるか、とか自分の心がいつREADYになるのか、とか…そっちの方が大事です。

というのも、あんまりあれやこれや意識しすぎて、渡豪の時期をズルズル先延ばしにしてしまうと、ワーホリに行けなくなってしまう危険性も十分あるからです。

せっかく決意してワーホリ来たのに、家族に大事があって、1か月で慌てて帰国することになってしまったって人の話も聞いたことがあります。あと、単純に先延ばしにすると「やらない言い訳」を生み出してしまうのが人の性です。日本で恋人ができようもうなら、もう「やっぱワーホリいいや♪」ってなるのは容易に想像できちゃいますよね(笑)

 

そういう危険性を避けるためにも、やっぱりごちゃごちゃ言わんと、行きたいときに行ってしまえ!!っていうのが、私の結論なんですよね!

ワーホリを充実させるには、ウーフがホントおすすめ!体験談④

こんにちは!オーストラリアで2年間ワーホリをし、今は英語を使ったオフィスワークをしているTAEです☆

 

私の2年間のワーホリを通じて、最も思い出に残っているのが、このウーフでの体験、と言っても過言ではありません!

ウーフとは何ぞや?という方は、こちらの記事からどうぞ↓↓

wakuwaku-everyday.hatenablog.com

 

オーガニック野菜が食べ放題♪

ウーフって、色んな種類があるので、全てではないのですが…。私は、野菜や果物が大大大好きなので、野菜&果物系のウーフに行ったときは

 

マジで神

 

って思いました。だって、オーガニック野菜が食べ放題なんですよっっ?!有機野菜って高いじゃないですか。だからTAEが買うのは、経済的な、農薬をふんだんに使っている野菜。オーガニック野菜の方が、体にいいのは分かってるんだけど、ついつい高くて手が出ない…。

だけど、ウーフなら!!もう思う存分、死ぬほどオーガニック野菜を食べることができます!!なんなら、もぎたてをそのまま自分のお口にIN!!サンサンと照る太陽の元、自分の手でもぎった野菜を、そのまま食べるのって

マジで幸せ~~~!!

なんせ、オーガニックだから、農薬の心配しなくていい。そう、洗わなくたって平気なんです。大量に野菜を育てているウーフなら「形が悪いのなら、好きなだけ食べていいよ」ってスタンスだったので、マジ最高でした!

自分で食べるだけなら、形なんて関係ありませんからね♪♪

 

都会育ちのTAEにとって、新鮮すぎた

私は大都市生まれ、大都市育ちなので、こういった田舎で農作業っていうのは、すごく、すっご~~~く新鮮だったんですね。成熟した野菜を、枝からもぎるなんて、初めての経験でした。気分的な問題化もしれないけれど、自分で野菜を採って、そのまま食べるのって、めちゃくちゃおいしい!!

野菜なんて、スーパーでしか見たことなかったTAEにとって、これは大きな衝撃でした。

そしてまぁ、有機野菜のなんて美しいこと!!ただ土から生えてるだけなんですが、それが何とも美しい…。農薬の使ってない、健康的な土から産み出される、健康的な野菜たちは、もう本当に見てるだけで幸せな気分にさせてくれます。もう何度も繰り返しになっちゃうけど、ホントに「美しい」としか形容できないんですね。

 

生きてる!って感じがする

ウーフ中は、それはもう夢中になって仕事をしていました。TAEの中で「仕事」って少なからず「嫌々やるもの&本当はやりたくないもの」という感じでしたが、ウーフだけは違いました。ホントに能動的に、自分から「やりたい!」と思ってやってた。

だって、野菜を採るだけで、土を裸足で踏んでいるだけで、木々が風に揺れているのを見ているだけで、本当に幸せな気持ちになれたんですから。「私って、こんなに農業が好きだったんだ」って、新たな自分の一面を知れましたね。

もちろん、農業を本職にしたら、色々と大変なこともあるでしょう。(採算取ったりね)でも、ウーフでは、なんていうか、オーガニック農家のおいしいとこ取りできるっていうか、農家の楽しい部分だけを体験できるので、私にとっては、本当に本当に楽しかったです♪

都会のビルに囲まれて、ごみごみとした喧騒にまみれながら生きていた私にとって、ウーフはまるで天国のような場所でした。朝起きて、裸足で畑に飛び出して、まだまだ子供の野菜の苗を植えて、大人の野菜になったら収穫して…。そういう、人間にとっての自然な営みを通じて、「生きている」という実感を得ることができました。

「ああ!わたし!今!!生きてるんだっっ!!」

って何度思ったことか。

特に、自分が植えた苗が、すくすくと育っているのを見ているのがすごくうれしかったですね。子育てってこんな感じなのかなって思いました。

 

自然に触れると、人は息を吹き返すのかもしれない

ずーーっと都会で生まれ育った私にとって、ウーフは本当に生き返る場所でした。人間も自然の一部なんだ。動物なんだ、生き物なんだ。って、急に壮大なことを感じちゃう場所、それが私にとってのウーフです。

もちろん、人によっては、農作業が嫌いだって人もいるだろうし、そもそも田舎育ちの人にとっては、何も新鮮じゃないかもしれません。

でも、私みたいに都会で生まれ育った人にこそ、ぜひウーフを体感して欲しい!オーストラリアの広大な大地で、太陽のもと、自然と一体化する経験は、何物にも代えられないですよ!!

オーストラリアでワーホリするなら、ウーフは超おすすめ!英語が死ぬほど伸びるよ!体験談③

こんにちは!オーストラリアで2年間ワーホリをし、帰国した今は英語を使ったオフィスワークをしているTAEです!!

これからワーホリしたい、もしくはワーホリ中の人ってきっと「英語力を伸ばしたい!」って切望してると思います。

そんなみなさんに朗報!結論から言うと、TAEはウーフで死ぬほど英語が伸びました☆なので、これから「英語力を伸ばしたい」という人にはうってつけだと思っています。

 ウーフとは何ぞや?という方は、まずはこちらの記事からどうぞ↓↓

wakuwaku-everyday.hatenablog.com

 

ワーホリ前のTAEの英語力

ワーホリ前の私の英語力は、本当に平均的な日本人のそれです。日本生まれの日本育ちですし、特別な英語教育も受けていません。典型的な日本人英語って感じで、読むことはなんとかできるけど、話す&聞くが壊滅的にできない状態でしたね。

 

ウーフ前のTAEの英語力

オーストラリアに渡ってから、4-5か月くらいしてから、シドニーを離れ、ウーフをすることにしました。その頃には、私の英語もだいぶマシにはなりました。

(ちなみに、語学学校は「英会話力を伸ばす」という意味では本当に意味がないと判明したので、私はもっぱらランゲージエクスチェンジで仲良くなったオージーと話しまくることにより、英会話力を伸ばしました)

ランゲージエクスチェンジで、対等に話せるオージーの友達を得てからは、スピーキングがぐ~~んと伸びましたね。渡豪してわずか4-5カ月にしては、かなり話せる状態でした。

ただ、やはり特定の人とばかり話していても、その人の英語に耳が慣れてしまって、知らない人の英語は全然聞き取れない…という状況。

 

ウーフでリスニングが死ぬほど伸びた

もう結論から言っちゃうと、ウーフ生活を通じて、一番伸びたのは、なんといってもリスニング力です!

どれくらい伸びたかというと…ウーフ生活を終えて、久しぶりにシドニーの友人に会ったら「え…!この子が何言ってるか…分かる!!」ってビックリしたからです。

1人目、オージーの友達

リスニング力向上を体感した1人目は、ランゲージエクスチェンジで友達になった、オージーの子。その子は内気でシャイなあんちきしょうだったため、すっごく小声でぼそぼそと話す子だったんですね。だから、他のオージーの子も「あの子が何言ってるか、私でも分かんない時あるからね笑!」って言ってたほど(笑)ほら、日本人でも、聞き取りづらく話す人いるじゃないですか。

あれの英語ヴァージョンだったものですから、当然渡豪したてのTAEが分かるはずもなく…。いっつもいっつも「もっと大きな声で話してよ!」「何言ってるのか全然分かんない!」「腹から声出さんかい!」とその子にクレームを出していたものでした(笑)

それなのに…。ウーフから帰ってきたら、その子が…何を言っているのか…分かる!!めっちゃ分かる!!「えええええ~~!!私、アンタが言ってること、手に取るように分かるんだけどおおおおおお!!ごめんね~!今まで『もっとデカイ声で話せや、ゴルァ』とか言って虐げててごめんね~!!」って謝罪しました(笑)

その子は、「ほら、だから僕の話し方は普通だってずっと言ってたじゃん!やっと分かってくれたんだね」って言われました。

2人目、ヨーロピアンの友達

ウーフからシドニーに戻ったあとは、語学学校でできた友達と久しぶりの再会を果たしました。その時にヨーロピアンの友達と遊んだのですが、TAEが彼女らの英語に関して思ったのは…

「しゃべるの、おっせえな!!」

ってことでした。

もちろん!私の英語もクッソ遅いですよ!ただ、ウーフ前の語学学校時代は、ヨーロピアンの彼女らに、少なからず劣等感を抱いていたというか、「やっぱりヨーロピアンの彼女たちは違うわぁ~英語話すの早いよぉぉふええぇぇぇぇ(´;ω;`)」と感じていたんですね。

だけど、ウーフ後は、聞くのが余裕余裕!何のストレスも感じず、一言一句聞き逃さないレベルで聞き取ることができるようになっていました。

だって、いくらヨーロピアンだからと言ったって、彼らにとっても英語は第二言語。ネイティブより速いわけないんです。私はウーフ先で、100%ネイティブとのみ英語で会話するという環境に3か月強いたため、知らず知らずのうちに、英語が聞き取れるようになっていたんですね。

 

ウーフ中は、「このへんでアジア人は自分だけ」になる

「オーストラリアは移民が多いので、英語が第一言語でない人も多い」と書きましたが、それはシドニーなどの大都市の話。ウーフのある田舎の方だと、ホントにガチで白人ばっかりになります。「あれ…シドニーメルボルンにいた…アジア人たちはどこへやら?」という感じ。

自分一人だけアジア人で、あとはみんな白人&英語ネイティブ…。なんだか同じオーストラリアでも、全然違う国に来たみたいに感じます。それくらい、シドニーでは、色んな国籍の人が歩いてますからね!

一度、ウーフ先の子供の小学校に見学に行ったのですが、私がアジア人ということで、子供たちがめっちゃ私のことを見てきました。私は全然嫌な気持ちにはなりませんでしたけどね。子供は正直です。「普段見たことが無い人種に、単純に興味を持ったんだな~♪」くらいのもの。むしろ、「もっと…もっと私を見て!それで世界の広さを実感してくれ!!」くらいの気持ち(笑)

だけど、周りの大人が気を遣って「ごめんね~子供たちがじろじろ見ちゃって!」申し訳なさそうに謝られたんですが…「いや、マジで私は気にしてないから、安心して欲しい」って言いました(笑)

 

そんなわけで、ウーフ中は英語ローカル環境でしかない

そんな調子ですから、ウーフ中は、マジでガチの英語100%環境になります。家の中も、みんなオージーだし、近所の人が「やっほ~」って遊びに来たりするけど、そのご近所さんもオージー。ホストとお出かけしても、出会う人、出会う人、みーんなオーストラリア生まれ、オーストラリア育ちの人ばっかり。

特に田舎って、人間関係が濃いから(これは日本も同じだと思う)、ご近所さんが家に来て、長時間おしゃべりとか、普通にある。その会話に耳を傾けているだけで、知らず知らずのうちに、リスニング力は伸びてた。

あと、ウーフのお母さんたちも、気さくな人が多いから「この子、ウーファーのTAEよ!」「あら、今度のウーファーさんは、日本人なのね~♪」なんて、会話に入れてくれるから、恰好の英会話実践の場になる。

しかも、農家のおじいちゃんおばあちゃんってのんびりしてる人が多いから、こっちの下手くそな英語も、「そうかい、そうかい」って優しく聞いてくれるからね。安心して発展途上の英語をぶちまけられるよww

 

まとめ

そんなわけで、ウーフは英語を鍛える絶好のチャンスです。個人的にウーフは、海外の文化に触れられる&有機農家を体験できる(新鮮なオーガニック野菜食べ放題!)&英語が劇伸びる&帰国後も連絡を取り続けられる関係ができる、最強のシステムだと思っていますので、農家で働くことがどうしてもいやじゃなければ、TAEに騙されたと思って、一度体験してみるのがいいと思います!!