読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語を話せるようになるには、英語を「話す」ようにするだけ♪

英会話

こんにちは!たえです!!

 

今日は、私がオーストラリアに2年滞在して、英語が話せるようになった秘訣をお話しようと思います!!

 

 

英語が話せるようになるヒントって、たくさんあるんですけど、やっぱり一番大切なのは、、、、、、、、

 

 

 

英語を話したければ、

 

 

 

英語を話す!!

 

 

 

 

それだけなんですよ。

 

 

 

 

はいはいはいはい~~。

 

分かってます、分かってます。

 

 

 

 

 

「なんだ、んなことかよ!」

「もっと、なんかすごい、画期的な''●●するだけで、3か月で上達’’的なこと言えよ!」

 

 

 

 

って空気、分かってますって~~笑

 

 

 

 

じゃあ、水泳に例えると分かりやすいんで、水泳で例えてみましょう。

 

 

 

「泳げるようになりたい」

 

 

 

って言う人がいたら、とりあえず

 

 

 

 

「じゃあ、泳いでみたら??」

 

 

 

って、なりません?

 

 

 

 

それで、まあ、最初は溺れますよね。そりゃ当然です。だって、初めてのことなんだから。

 

 

 

それでも、泳ぎ続けているうちに、なんとなーーーく「こんな感じかな?」って泳げるようになっていくと思う。

 

 

 

実際に泳ぎ続ける中で、

 

 

 

そこで初めて、

 

 

「入水角度は、こうなんじゃないか」とか

 

スカーリングとは」とか

 

「リカバリーは」とか

 

もっと早く泳ぐための工夫や知識を入れていく→また泳いで検証→工夫してく

 

 

の繰り返しになると思うんすよね。

 

 

間違っても、実際にプールで泳ぎ続けるのを止めないし、座学で知識入れるのは、おまけ程度。あくまで一番大事なのは、

 

 

実際にどれだけの量を泳ぎこんだか。

 

 

 

これに異論がある人ってあんまりいないと思う。

 

 

 

もちろん、「オリンピックに行きたい!」とか、めちゃくちゃ目標が高い人は、初めから然るべきスイミングスクールに行って、最新の泳法とか身に着けた方がいいかもしれない。

 

 

 

でも、多くの人はただ単に「ちょっと泳げるようになりたい」程度なんだから、そこまでは必要ないよね。ちょっとバシャバシャやってれば、勝手に泳げるようになる。

 

 

 

 

んで、これって、英語の世界にもまんま当てはまるよね。

 

 

 

 

「英語を話せるようになりたい」んだったら、さっさと外国人に会いに行って、話してくる。

 

プールに行って、泳いでくるってことなんですよ。

 

 

 

 

たったそれだけのことなのに、水泳ならよくわかるのに、なぜか「水泳」→「英語」になった瞬間、

 

 

 

「まずはもっと勉強してから」

「語彙を増やしてから」

「もっと話せるようになってから」

 

 

外国人と話しにいく。

 

 

 

ってなっちゃうんですよね。

 

 

 

 

、、、、、、謎。

 

 

 

 

 

これ、水泳だったら、どんなに滑稽なことか分かりますよね。

 

 

「もっと水泳のこと勉強してから」

「もっと泳法を増やしてから」

「もっと泳げるようになったら」

 

 

泳ぎにいく。

 

 

 

って言ってるんすよ??!!!

 

 

 

いやいやいやいや、今すぐ泳ぎに行けよ!!!

「泳げるようになったら、泳ぎに行く」ってそもそも何だよ??!!笑

コントかよ!!

 

 

 

泳がなきゃ始まらんだろーーーーが!!!

 

 

泳いで、つまづいたところ(息継ぎとか)を、勉強しろよ!!

 

 

 

ってなりません??!!

 

 

 

水泳なら、ホントよく分かるのに、なぜかみんな英語だと、

「泳げるようになってから、泳ぎに行く。」

「もっと勉強したら、泳ぎに行く」っていう発想になる。

 

 

 

 オーストラリアでの私

まぁ、何を隠そう、以前の私がこういう考え方だったんだよね。

 

 

 

 

あれは私が、オーストラリアに到着して、1週間目くらいの時、、、

 

 

 

シェアハウスに引っ越した。大家さんは70歳くらいのおじいちゃんだった。

 

 

そのおじいちゃんは毎週金曜日になると、友達のおじいちゃん二人を家に招いて、3人で「フライデー・ナイト」を楽しんでいた。

 

 

フライデー・ナイトっていうといかがわしいけど、まあ言うたら食べ物を持ち寄ってのお茶会ね。UFOとか好きで、そういう宇宙人の動画とかよく見てたなー。(懐かしい。)

 

 

 

そんで、私が入居して、ホント3日目かそこらのとき。そのフライデー・ナイトが訪れたのよ。

 

 

 

オーストラリア人おじいちゃん3名によるフライデー・ナイト。うわ!!めっちゃ楽しそう。なごやか~~。私も入りたい!!(*´▽`*)

 

 

 

 

でも、不安が頭をよぎる。

 

 

 

「でも、、、英語分かるかな、、、??」

「入ったものの、全然分かんなくて、気まずくなったらイヤだな、、、」

 

 

 

それでいったん結論を出した。

 

 

 

 

「よし!もっと話せるようになった時、入れてもらおう!!」

 

 

って。

 

 

 

すっごい安心した。だって、今チャレンジしなくて済むんだから。

 

 

でも、すぐに思い直した。

 

 

 

「でも、その’’もっと話せるようになった時’’っていつよ???」

 

 

 

私の性格上、先延ばしにしたら、まずやらないって知ってる。

 

 

だから、その「いつか」は永遠にやってこないし、なんか、うまく言えないけど、

 

 

 

「今逃したら、私は2度とあのおじいちゃん会に入らないだろう」という気がした。

 

 

 

 

だから、勇気を出して、思い切って、全然英語なんか話せない状態で、「HELLO!」って言って入れてもらった。

 

 

 

 

結果、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ楽しかった。

 

 

 

 

私が心配していたことなんて、ちっとも起こらなかった。

 

 

 

 

そりゃそうだよね~!!

 

 

日本人に置き換えてみるとよく分かる。おじいちゃん3人がお茶会してて、そこに若者がいきなり「入れてください!」ってきたら、「おおー!若いの!!入んなさい入んなさい。いやー若い子が入ってくれて、うれしいねー。」ってなるよな。って。

 

 

 

 

それに、おじいちゃんだから、基本話すのゆっくり。しかも焦ってないから、どんなに私が英語理解できなくても、何度でも言い直してくれる。もともとゆっくりなのに、さらにゆっくり話してくれる。

 

 

 

なんていうか、ウェルカム感がハンパなかった。

 

 

 

 

そこで私、めっちゃ思った。

 

 

 

 

うわー。勇気出してよかった!!

 

 

 

 

渡豪して、かなりの初期に、この「とりあえずネイティブたちの輪に飛び込んでみる」っていうのをやったおかげで、私の英語は飛躍的に伸びたと思う。

 

 

 

「英語話せないうちから、ネイティブと話す」

(泳げない時から、泳ぐ)というクセがついたから。 

 

 

 

 

そして、「英語分かんなくても、意外となんとかなるな」っていうのも学んだ。

 

 

 

そして、ホント身に染みたのが

 

 

 

あのとき、先延ばしにしなくて良かった。っていうこと。

 

 

 

 

私は、日本人としては比較的英語話せる方だと思うけど、その理由を一つ、端的に述べるとしたら、それはやっぱり

 

 

 

 

「現地の人と、たくさん話したから」

 

 

 

 

に尽きる。

 

 

 

 

●●を××聞き流すだけで、英語がペラペラに!とか

英語は、たった●●だけで話せる!とか

カンタン!△△だけ英語!

 

じゃなくてごめんなさい。笑

 

 

 

でも、これが私が思う、最強の英語話せるようになる方法。

 

 

 

「泳げるようになりたかったら、プールで泳ごうよ。」

 

つまり

 

 

「外国人と話せるようになりたかったら、外国人と話そうよ」

 

 

 

っていう話ね。

 

 

 

いるのは、最初の勇気だけ。

 

 

勇気を出して、一歩踏み出せば、「外国人と話している」自分に出会えるよーーん♪

 

 

カンタンな話。もっともっとシンプルにいこうよ!!

 

 

 

かしま たえ