私が「ワーホリに保険は必要ない」と思った6つの理由。

 

f:id:wakuwaku-everyday:20170527122437j:plain

 

こんにちは!オーストラリアで2年間ワーホリしていたたえです。現在は帰国して、英語を使ったオフィスワークをしています。

 

ワーホリは私の人生を変えてくれました。なので、ワーホリの魅力をもっと多くの人に伝えるべく、毎日ブログを書いています。

 

さてさて、ワーホリ前の疑問の一つに、「保険って必要?入ったほうがいいの?」というものがあると思います。

 

結論から言うと、

 

保険は入っても入らなくても、どっちでもいい。だから私は入らなかったです。

 

実際、ワーホリした2年間、一度も病院には行きませんでした。保険なんて全然必要ありませんでした。~完~

 

これで今回の記事を終了させてもいいくらい(笑)でもそれじゃあいくらなんでも乱暴すぎるので、私が保険に入らなかった理由を6つ挙げます。

 

 

①普段から病院なんて行かないから。

Free stock photo of person, clinic, doctor, health 

 

もちろん、持病がある人とかは、保険入った方がいいと思います。でも、そういう人って、そもそも「保険入るかどうか」なんて悩んでないはず。

 

ということは、保険で悩んでる人って、私を含め、基本的に元気ハツラツな健康優良児なんですよね。

 

・・じゃあ、保険なんていらないんじゃね?!って思った(笑)

 

第一、私は風邪とか引いても絶対に病院には行かないで、自分の力で治すタイプ。風邪や生理痛くらいじゃ、全体に薬飲まない。てか、薬大嫌い。

 

私は自分の自然治癒力を信じてるタイプ。だから、親知らず抜いたときも、渡された抗生物質やら大量の薬を一切服用しなかった。(傷はキレイにふさがりました)

 

そんな私が、保険いるか?!と考えてみたら、「いや、マジでいらないな」って結論に到達したんですよね。

 

②もし本当に大病や大けがしたら、帰国すればいい

 

そんな私が、病院行くなんて、ホントによっぽどのこと。そんな事態のときにワーホリ続けてるか?って思ったんです。絶対帰国するだろw

 

③大けがする可能性なんて極めて低いと思った。

 

病院キライな私が、本当に病院行かなきゃいけない時って、たぶん骨折とかした時だろうと思うんだけど、「ワーホリしてて、骨折なんてするか?!」と思ったんですよね。

 

だって、私、この人生通して骨折なんて一度もしたことない。

 

オーストラリア行ったからって、いきなり骨折るか?折らないだろ。オーストラリア人だって生きてるんだし、そんな骨折しやすい国なわけない。

 

→よし!保険なんていらない!って思った。

 

④保険料高すぎ

Free stock photo of animal, pet, cute, eyes

 

実はこれが一番の理由かも。なんていうか、費用対効果が悪い気がした。

 

だってさ!よくよく考えてみてよ!保険会社ってさ、都内の一等地に、なんかすっげー豪華な自社ビルとか建ててない?!それってさ、私たちの保険料から出てるんでしょ?

 

つまりは、それだけ、みんな保険代使わなかったってことじゃん!!ほら!やっぱり保険なんていらないんだよ!

 

・・ってごめん!カッコつけたけど、本当は、当時の私は貧乏すぎて、その10万すら無かったんだよ!

 

語学学校のお金払うのでいっぱいいっぱいで、とても保険にまでお金が回らなかった。

 

保険料10万円をプラスで貯めるために日本に留まっているより、もう早く行っちゃいたくて、保険ナシで行ったんだよね。

 

⑤現地に着いてからでも入れるから。

 

これ、意外と見落としがちなんだけど、保険って別にあっちに着いてからでも入れるんですよね。だから、学生さんとかで予算が厳しい人は、まず行っちゃって、あっちでアルバイトして、お金貯めてから入るのもあり。

 

だって、最初はみんな語学学校行ったりなんなりするために、シティに滞在するでしょ?学校とバイトと家の往復の時に、大けがってしづらいと思う。

 

それで、数か月して、いざラウンド(各地あちこち旅して回ること)するぞ!ファームで働くぞ!ってなったときは、多少リスクも上がるだろうから、そのとき初めて保険入るのもありだよね。

 

現に、私の友達は、語学学校時代は入らないで、ファームで働くため、地方に行くってタイミングで保険に入っていた。頭いいなって思った。期間も短いから、より安く済むしね。

 

⑥私なら大丈夫という謎の自信があったから

f:id:wakuwaku-everyday:20170527122858p:plain

 

これも、私が保険に入らなかった大きな理由。なんとな~く、「私は大丈夫だ」っていう、確信があった。そして、その確信は見事的中した。一度も病院に行くような事態にはならなかった。

 

私は、どんな情報よりも、こうした自分自身の内なる声っていうか、第六感を信じるようにしてるんだよね。

 

それで、その自分の直感に聞いてみたら、「保険いらないよ~ん♪」って鼻くそほじりながらジャンプ読んでる雰囲気だったから、勢いそのままに保険は入らなかった。

 

→結果、大正解だった(^^♪ 保険料の相場が1年で大体10万くらいだから、私は20万くらい節約できたんだよね!いっえ~~い♬

 

あと、今から若干スピリチュアル入るけど、「保険に入るから、保険がなければならないような事態を引き寄せるんじゃないかな」と思う。

 

だって、保険に入るってことはさ、多少なりとも「自分は病院に行くような事態に陥る」って思ってるってことじゃん。

 

そういう自分の思念が「保険を使うような状況」を引き寄せるんじゃないかと。

 

 

まとめ

f:id:wakuwaku-everyday:20170527122946p:plain

 

以上が、私が保険に入らなくてもいいんじゃないか、と思った理由です。もちろん、これだけが正解ではないと思ってます。あくまで、私の一意見です。

 

ただ、世間でいう「保険に入った方がいい」って言ってるエージェントなりサイトなりって、それで広告費とかもらえるから言ってるっていう面もかなりあると思ってて。

 

あと、特にエージェントだと「保険入らなくて大丈夫ですよ」なんて言って、あとで

 

「保険入らなくて大丈夫って言うから入らなかったのに、病院で高額な医療費を払うハメになった!責任取れ!」

 

ってクライアントに言われるのが怖いから「保険に入りましょう」って言ってるだけのような気もする。だって、その方が無難だし。

 

物事の本質を良く見てみよう。多くの人が必要ないから、保険会社は儲かっていて、あんな立派なビル建ててるわけじゃん。

 

ただ、そうはいっても「私は保険に入らないと不安」っていう人は入ればいいと思う。私は、保険に入るのを否定しているわけではない。

 

あくまで「入らないという選択肢もあるよ」って言いたいだけ。現に私が2年間必要なかったからね。

 

ワーホリ前に色々と情報収集をすると思うけど、あまりにも「保険は絶対に必要!」という意見に偏りすぎていたから、「いや、そうじゃない選択肢もあるよ?」と一石を投じたかっただけ。

 

もちろん、私が結果的に保険が必要なかっただけで、「やっぱり保険に入っておけば良かった・・」って後悔する事態に陥っていた可能性も十分にあった。ただラッキーだっただけなのは重々承知。

 

だからこそ、保険に限らず、一番大切なのは、「自分の頭で考えて、決まること」。そうすれば、どんな結果になったとしても、後悔しないし、全部自分で責任取れるからね。

 

この記事を読んで、「じゃあ、自分はどうしようと思ったか」が大事だと思います。答えなんて、無いですからね(*'ω'*)