私が英語が話せるようになって、変わったこと4つ紹介する。【仕事編】

こんにちは!TAEです。

 

「英語が話せるようになったらいいな♬」と思ってる人ってたくさんいますよね。私も、実際に話せるようになるまではそう思っていました。

 

では、ワーキングホリデーでオーストラリアに2年住んで、実際に英語が話せるようになった私の人生に、どんな変化が起きたか書いていこうと思います(*´▽`*)♪

 

英語が話せるようになったことの影響力が、あまりにも大きすぎて(もちろん良い意味で)、量が膨大になってしまったので、シリーズ化することにしました。今回はその【仕事編】。

 

 

ちなみに、今の私の英語力は、

・ビジネスシーンで英語使える(英語を使う職場で働いている)

・外国人との一対一での英語でのコミュニケーションは全く困らない

 

って感じです♪それでは、いってみましょ~(*´▽`*)

 

①選べる仕事の幅がグンと広がった

Women Standing in Front of People

 

これ、かなりデカいです。ワーホリから帰国し、再就職の道を探していたところ、気付いたのが・・

 

英語力必須の求人に、躊躇なく応募できるようになったこと!

 

今の仕事も、英語力必須の仕事です。私がすごく興味のある分野(語学関係)で、ネットで求人を見つけたときに、「これだ!」って思ったんですね。以前の私だったら、「英語力必須」これだけで諦めていたと思います。

 

でも、今の私は違う!!堂々と応募できました!そして見事に高倍率の選考を潜り抜け、採用ゲット!!

 

リクルート会社からも、応募前に「この求人は英語を使うし、とても人気なので、受かるか分かりませんよ?」って、釘を刺されたところだったから、採用されたときは嬉しかったなぁ♪♪

 

ちなみに、TOEICは持っていません!んなもん持ってなくても、しっかり採用されます!!盤石の英会話力さえあれば!!

 

私は、いくつか英語を使う仕事の面接に行きましたが、TOEICを持っていないからと言って、切られたところは一つも無かったですね。もちろん、採用担当は最初はいい顔をしませんが、「TOEICは持っていませんが、英語話せます!」と自信満々に言って、実際に面接でペラペラしゃべってあげたら、どこも面接は通りましたね。

 

どこかの大企業とかなら、TOEICの点数だけで足切り・・ということもあるかもしれませんが、私の就職活動において、TOEICスコアが無いことは、全く不利に働きませんでしたね。だって、本当に英語を使う職場は、TOEICの点数と、実際に英語が使えるかどうかは関係がないって知ってますからね。

 

 

TOEIC持ってなくても、話せればいいよ。ってスタンスでした。

 

 

②以前より仕事が楽なのに、給料が高くなった

 

f:id:wakuwaku-everyday:20170531214755p:plain

 

いや、私の前職が薄給のリラクゼーション業界だったから、余計そう感じるだけかもしれませんが・・

 

英語を使う仕事って、業務内容がめちゃくちゃ楽なのに、給料高いんですよね。なんか、日本では、「英語を使うこと自体が、スキル扱い」って感じ。

 

正直オーストラリアでは「英語を使えて当たり前」って世界だったので(英語圏なので当たり前ですが)、日本ではこんなにも英語を使える人が重宝されることに違和感を覚えるくらいw

 

英語なんて、方向性さえ間違わなければ、ちょっとやれば誰でもすぐ話せるようになるのにねww

 

なんか、あんなに重労働で、気も体力も使うリラクゼーション業界でもらってたお給料よりも、今の仕事の方が遥かに給料高くて笑えるwこんなテキトーに椅子に座って英語しゃべってるだけで、お金もらってていいのかよwwって感じ。

 

フランス語がものすごく流暢に話せる私の友達も「日本では、語学が堪能なだけでめっちゃ優遇される。正直、ちょろいよねw」って言ってた意味が、今分かったw

 

 

③グローバルな雰囲気の職場で働けるようになった

 

今の職場は、同僚は全員日本人なんだけど、顧客は外国人が多い。だから、そういう意味でグローバル。日本人だけを相手にして話すより、ずっと面白い。

 

あと、同僚も語学が堪能だから、考え方が日本的じゃなくて、私にとってはそれがとても心地よい。

 

っていうのは、私はオーストラリアに行く前から、元々、日本社会のふる~~い上下関係とか無駄な確執がとにかく苦手だったから。「先輩の言うことには絶対に従う」とか「上にはペコペコしなきゃいけない」とか、意味もない厳しいルールに縛られたくなかった。

 

とにかく礼儀正しくしてなきゃいけなくて、大人しくしてれば結果なんてお構いなしで、とりあえず「頑張ってるフリ」だけしてれば評価される風潮が、ホントに大嫌いだった。

 

私なんて、自慢じゃないけど今まで仕事クビになったこと10回はあるかんねっ?!(ホントに自慢になんねーわw)

 

先輩にヘコヘコしなかっただけでやれ「新人なのに態度が偉そう」だの、足組んだだけで注意されたりとか、ホントいやんなった。

 

いやいや、お前ら!もっと仕事内容見ろよ!私はめっちゃ効率的にやってんだろーが!そんな些末な事気にしてんじゃねーーよ!!本質見ろや!って私の心が世界の中心で叫んでたもん。

 

でも今の職場は、足組んでようが、態度がLサイズだろうが、誰もそんなこと気にしちゃいない。仕事の結果だけ見てる。私が日本的には、どんなにヒドイ態度でいようが、仕事だけは効率的に出来てるから、誰も注意なんてしない。

 

英語が話せるようになって、こういう合理的な考えの職場に巡り合えるようになって、ホント良かったって思う♡♡

 

 

④海外も、働く選択肢として、視野に入るようになった。

Free stock photo of sky, flying, traveling, travelling

 

今までは「働く=もちろん日本国内」だった。でも今は「海外でも働ける。住める」っていう自信がある。今は特に働きたい国がないから、海外で働くことは考えてはいないけど。いざとなったら海外にだって行けるっていうのは、なんというか・・心にすごくゆとりができるんだよね。

 

この広い地球で、自分の居場所は日本だけじゃねーぞ!って思えるようになったのは、めっちゃ大きい。日本大好きだけどね。実際選ばなかったとしても、仕方なく日本に留まっているのと、自らの意思で住んでるっていうのは全然違う。

 

この感覚は、オーストラリアに行って、英語を身に着ける&海外経験を得るまでは分からなかったなぁ。

 

 

まとめ

私がワーホリでオーストラリアに行って、英語を話せるようになってからというもの、仕事面でマイナスになったことは一つもない!むしろ可能性が広がるばかり(^^♪

 

上には書かなかったけど、私にとって一番大きな変化は、英語を使って、楽してお金を稼いで、余ったエネルギーで本当にやりたいことができるってこと!

 

私は自分自身を思いっきり表現できる仕事でご飯を食べていきたいんだ。だから、生活費を稼ぐためだけの仕事で、あんまり体力使いたくないんだよね。

 

だから今の仕事は本当に最高!楽してスイスイお金稼いで、アフター5は自分の本当にやりたいことやらせてもらってます★仕事後でも、体力有り余ってるのがイイ!!

 

英語よ、私にこんな最高の環境を与えてくれて、どうもありがとう。これからも、君の活躍に期待しているよ(*'ω'*)ノ☆彡