英会話カフェ@東京は、英語上達におすすめなの?実際に行ってみたよ!

f:id:wakuwaku-everyday:20170910140855j:plain


英会話力を向上させたいと願うみなさん、こんにちは!オーストラリアで2年間ワーホリしてたTAEです!

TAEは先日、英会話力上達のための一つの手段として、「英会話カフェ」なるものがあると小耳に挟みました。「英会話カフェってなに?」「名前からして、英語をしゃべるんだろうけど…カフェの要素ってなに?」考えても、よく分からなかったので、この際勢いにまかせて、英会話カフェに実際に突撃することにしました!

 

「英会話カフェに興味はあるけど、実際どんな感じなんだろう?」

「通ったら、英語話せるようになるのかな?効果はあるのかな?」

と、お悩みのみなさんにお応えできるよう、英会話カフェが実際にどんな様子なのか、曇りなき眼で見定めてきましたので、今回はその模様&メリット・デメリットをバッチリリポートしようと思います!

それでは、さっそくいってみましょ~♪

そもそも、英会話カフェってなに?

f:id:wakuwaku-everyday:20170528112921p:plain

まず、これですよね。「英会話カフェ、お前は一体誰なんだ。」と。行く前にちょっとググり倒してみたんですが、どうやら英会話カフェというのは、その名のとおり、「カフェで英会話を勉強しましょう」というコンセプトなるものらしい。ふぅ~ん。なんか、分かったようで、何も分からないよ?

 

一つのテーブルに一人は外国人スタッフがいて、その人を日本人のお客さんが取り囲んで、会話をするスタイルのところが多いそうな。

 

英会話スクールみたいに、「学校!」「授業!」って堅苦しい雰囲気ではなく、「まぁ、茶でもしばきながら、のんびり英会話エンジョイしようぜ♪」ってスタンスらしい。

話す内容も、特には決まってなくて、自由に会話をする感じ。ただ、レベルによってテーブルが分かれているところもあるってYO!うん、やっぱりググるだけじゃあ良く分かんねぇな!こりゃ行ってみるっきゃないわい!

 

この、「迷ったら、とりあえずやってみる」っていうのも、私がオーストラリアでの2年間を経て学んだ、すごく大切な要素の一つ☆彡

都内の英会話カフェに突撃!

f:id:wakuwaku-everyday:20170910133256j:plain


テーブルはレベル別に分かれてた

さっそく都内の某英会話カフェに行ってみることにした。予約などは特に必要ないらしい。受付でお金を払い、自分の英会話力を申告。初級と中&上級テーブルに分かれてるらしい。さすがに2年間ワーホリしてたTAEは、上級テーブルをチョイス。

すると、「どこでも座っていいよ」と、上級テーブルに案内された。テーブルは2つあって、どちらのテーブルにも外国人が3人くらい座っていた。

 

「お、けっこう外国人いるじゃん」なんて思いながら、タトゥーが腕からはみ出しまくってるチャンネーがいない方のテーブルをそそくさと選ぶ。どうしてもタトゥーって苦手なのよ(´;ω;`)

あとは自由におしゃべりするだけ♪

席に着いたら、あとはもう、することと言ったらおしゃべりだけ☆英会話スクールみたいに特定の教科書や、カリキュラムがあるわけじゃないから、かなり自由。私はオープンと同時に行かなかったから、すでに会話の輪ができてて、最初はちょっと話に入りづらい雰囲気だったかな。まぁグイグイ自分から入っていったけど笑

英会話カフェの感想

最初こそ話しづらかったものの、話の輪に入ってからは、どの外国人もノリがよくて、すっごくすっごく楽しかった~!!あっという間に3時間くらいが過ぎちゃった感じ♬上級テーブルにいる日本人は、ほぼ全員英語が堪能だったから、会話もスムーズだったしね★それでも、いくつか思うところはあったから、英会話カフェのメリットデメリットを書いていこうと思う!

 

英会話カフェのメリット

f:id:wakuwaku-everyday:20170918114327j:plain

①優しいスタッフが会話をリードしてくれる

英会話カフェには、雇われている外国人スタッフが待機しています。

「初めてだから不安…」

「英語で話せるかなぁ…」

と心配な人も、優しいスタッフが会話をリードしてくれるから、大丈夫☆言葉に詰まっても、スタッフは優しく待ってくれるし、話を広げてくれるし、なんなら間違いも正してくれます。初心者でも安心して、彼らの懐に飛び込めます。

TAEが行ったときも、会話に入れていない日本人をスタッフが優しく会話に入れてあげていました。楽しめていない人が出ないように、スタッフは常に気を配ってくれているので、安心です。

②カフェの落ち着いた雰囲気で話せる

英会話カフェは何と言っても「カフェ」なので、静かで落ち着いた雰囲気です。パブやバーで行われる国際交流イベント等もありますが、そういうところでは、たいてい音楽がうるさいので、私は、この音楽という点においては、英会話カフェの方が好きです。私はとても社交的な性格なので、意外に思われることも多いのですが、ワイワイガヤガヤした雰囲気は苦手なんですよ~。隣の人と話すのにも大きな声を出さなきゃいけないのも疲れます。だから、クラブとかも全然好きじゃないです。

なので、英会話カフェに行って即思ったことは、「この図書館っぽい雰囲気、イイ!!(*´ω`*)」ってことでした(笑)

③レベル別なので安心

f:id:wakuwaku-everyday:20170524195811p:plain

一般的に、英会話カフェは、初級者テーブル、中級者テーブルと、レベルによってテーブルが分かれているところが多いそうです。なので、初心者は安心して発展途上の英語を話せるし、上級者も自分のレベルでスイスイ話せるので、ストレスフリーです♪

私は中&上級テーブルに行ったのですが、そこにいた日本人はほぼ全員流暢に英語を話したので、スムーズに会話が盛り上がって良かったですね☆

初級テーブルには参加できなかったので、お店の人にお話を伺ったところ…本当は上手に話せるのに(日本人あるあるな)謙遜して初級って申告するお客さんも多いそうで(笑)そういう人には、ちゃんと中級テーブルに移動してもらうようにお願いすると言っていました。初心者が安心して話せるように、工夫されてるなぁって思いましたね。

④めっちゃ楽しい!

これはたまたま、その時のメンバーと気が合うかどうかによる部分なので、あまり安定したことではないとは思いますが…TAEが英会話カフェに行ったあとの感想は「めっちゃ楽しかった♬」ということでした。たまたまではありますが、隣に座っていた外国人の女の子とめっちゃ気が合ったので、その日はすごく楽しく過ごすことができましたね。

 

そんな英会話カフェも、いいとこ尽くしというわけには行きませんで…(笑)それでは、続きまして、TAEが感じた、英会話カフェのデメリットについて書いていきます!

英会話カフェのデメリット

f:id:wakuwaku-everyday:20170918114448j:plain

①外国人スタッフの態度は、フェイクである

英会話カフェにいる外国人が、雇われたスタッフであるという点は、上記の通りメリットでもありますが、同時にデメリットでもあるとTAEは考えます。というのは、彼らはお客さんである私たちを決して悪く扱わないからです。私たちがどんなにヘッタクソなベーシックな英語を使ったとしても、ニコニコと対応してくれます。何を言っても、楽しそうなリアクションを取るんですね。

TAEが行った時も、話した外国人が全員良い対応をしてくれたので、もぅすっごい楽しくて「今日めっちゃ会話盛り上がったな♪きゃっほー☆」って思いました( *´艸`)♪

そして、ルンルンした気分で帰ったら、友達に「あそこにいる外国人は、みんなスタッフなんだから当たり前じゃん」って言われてしまいました…(´;ω;`)

TAEは、その事実をすっかり忘れていて、「外国人も全員お客さん」と錯覚して話しちゃってたんです…。

友人にその勘違いを指摘され「え!じゃあ私、『あの娘、俺に気があるんじゃね?』って勘違いしてるキャバクラ通いのおっさんと同じやん!」って急に恥ずかしくなりました(笑)

英会話カフェ、すっごくすっごく楽しかったんです!楽しかっただけに、後からよくよく考えてみると、「あれは営業スマイルだったのかも…」って懸念しなければならないのは、TAEにとってはちょっとストレスですね(笑)

②外国人とコミュニケーションする力が養われない

あの、英語初心者の多くの人が勘違いしてることだと思うのですが、外国人と英語で会話がもたないのって、英語力だけが原因ではないのですよ。TAEも昔は勘違いしてたんですが、多くの外国人との会話を通して、分かったことがあります。

外国人とスムーズに会話をするためには、英語力の他にも「外国人と話す用のコミュニケーション能力」が必要になってくるんです!

日本人と話すときと違い、相手との共通認識が超少ない、外国人との会話。「相手と共通の話題を見つける」ことは、会話の基本中の基本ですが、これを外国人とするのって、けっこう難しいんです。

日本で会う外国人は別ですが、現地で出会う外国人だと、日本すら知らない人もいます。そんな人と、なんとか会話の取っ掛かりを見つけていかないといけないんです。想像するだけでも、「やっかいだぞ…」って思いません?(笑)

英会話カフェでは、スタッフさんが優しくドンドン話題を振ってくれちゃうので、この肝心の…そうだな…「会話の展開力」っていうんですか?それが身に着かないんですよ。

外国人は外国人でも、お店のスタッフとだけ話していると、「キャバ嬢とだと会話が続くけど、一般の女性とはうまく話せないおじさん」みたいになってしまう危険性があります。(どうしてもキャバクラで例えたいTAE(笑))

③外国人メンバーが固定的

外国人がスタッフである以上、どうしても「いつも変わり映えのないメンバー」になってしまうことは、仕方のないことですよね。これも、「いつものメンバーと、顔なじみトークを楽しみたい♪」という人には、メリットになるとは思います。ただ、「色々な人と出会いたい」「様々な英語のアクセントに触れたい」という人には、デメリットになってしまいますね。

④他のテーブルの人と話しづらい

f:id:wakuwaku-everyday:20170603163253p:plain

英会話カフェは、「カフェ」である以上、基本的に座って話すスタイルです。落ち着いて会話に集中できる反面、流動性が損なわれるんです。最初に座ったテーブルが当たりならしめたものですが、(自分にとって)ハズレだった場合、とたんに会話がつまらないものになってしまいます。

そして、そんなとき、立ちながら飲んでしゃべる国際交流イベントならサッと抜けて、スッと違うグループに入って行けるのですが(笑)、テーブルでの会話だと、そうもいきません。

結果、あまり多くの人と話す機会に恵まれなくなりがち。とにもかくにも、最初のテーブル次第なので、なんていうか、運の要素が強すぎます。TAEも何度か「ちょっと違う人と話したいかも…立って話すイベントなら自由に動き回れるのに…」って思っちゃいました。

 自分の機動力しだいで、自由に色んな人と話せるイベントの方が、自分の努力しだいでたくさんの人と話せるので、その点は英会話カフェのデメリットだと思いました。

 

まとめ

f:id:wakuwaku-everyday:20170918114554j:plain

以上が、TAEによる、英会話カフェのレポートです♪総括するなら「英会話初心者にはとてもいい場所」だと思います。慣れないうちは、英語を話すこと自体がおっかなびっくりですから、優しい外国人スタッフの仮りそめの営業スマイルに癒されながら、英語を話すこと自体に慣れることが大事だと思います。

しかし、ある程度英語を話すこと自体に慣れてきたら、今度は、一般の外国人と話す必要が出てくると思います。いうたら、次のステップってやつです。

考えてみれば当たり前のことなんですが、いつまでも「サービスを提供する側とお客さん」の関係に甘んじていては、外国人との本物のコミュニケーション能力は養われません。一般の素人ネイティブは、英会話カフェのスタッフのように、どんなに下手くそな英語でもニコニコ待ってくれて、話もあっちから振ってくれて…なんてことはありません。

複数で話していて、英語を理解できなかったら、あっちから優しく会話に入れてくれたりしてくれません。無慈悲に会話に置き去りにされますよ(´;ω;`)

そういう、「サービスを提供する側とお客さん」の関係ではなく、対等な立場で外国人と話せるイベントってたくさんあるので、どこかのタイミングで、そっちに移行した方がいいと思いますよ!

そういうイベントは「MEET UP」(ミートアップ)っていうサイトにごまんと出てますから、それを参考にしてみるといいと思います!

 

以上が、TAEによる突撃英会話カフェリポートでしたあああ(*´ω`*)♬