読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリアのワイルドな牛の妊娠検査方法。

WWOOF(ウーフ)

こんにちは!たえです!

 

 

私はオーストラリアで、WWOOF(ウーフ)っていう、オーガニック農家で働く制度にすっかり魅了されまして。有機農家をトータル10軒以上回った。

 

 

そのうちの一軒が、牛さんのファームだったのね。

 

 

今日は、その中で印象的だった一日について書こうと思う。

 

 

 

妊娠検査前日

ある日。いつものように、牛さんたちに餌を与えていたら。ホストファーザーに、ふとこう言われたのね。

 

 

 

「明日は獣医さんが来て、メス牛たちの妊娠検査するから。」

 

 

 

私は「おっけー♪」

 

 

ってローラばりに軽く流したけど、そういや、牛の妊娠検査って、どうやるんだろ?って疑問に思った。

 

 

 

 

 

私が考えたのは、、、

 

●まあ普通に、尿検査とか?

●血液検査もするかもね。

●あ!違う!あれだ!腹に機械当てて、エコーだわ!!

●それか、地味に触診とかかな?

 

 

とか、まあ、そんなあたり。オーソドックスな方法ですよ。

 

 

 

獣医さん、来る!!

次の日、獣医さんは時間通りにやってきた。女性の方で、スラっとした長身のキレイ系。身長180くらいあったんじゃないかな。黒髪が印象的な、モデルみたいな美しい人だった。

 

さっそく妊娠検査を始めるかと思いきや、そこはオーストラリア。まず始まるのは、、、世間話である。この国では、「立ち話をしないと呼吸が止まって死んでしまうの?」っていうくらい、みんなおしゃべりが大好き。

 

その日も御多分に漏れず、ホストファーザーと獣医のおしゃべりは始まった。

 

しばらくすると、「じゃあ、、そろそろ始める?」

 

って感じで、検査がスタートすることに。

 

 

 

 

獣医さんの準備

獣医さんは、颯爽と準備を始めた。エプロンを身に着け、手袋を手にはめる。うん、よくある光景だ。

 

ただ、一つだけ解せなかったのは、その手袋が、以上に長いということ。なんていうか、肩まであるんだよね。

 

「なぜ、そんなに長いのじゃ?!」

 

と思ったけど、まぁそのときはあんまり気にも留めてなかった。

 

 

 

 

妊娠検査スタート

こうして検査は始まった。牛さんたちが暴れないように、こういう装置を取り付ける。首を固定して、動けなくするんだね。

 

さりげなく、牛さんの背後に回る先生。そして、おもむろに、、、、

 

 

ズボッッ!!!!

 

 

女医さんは、その華奢な腕を、牛さんのアナルにぶち込んだのである!!!!!

 

 

 そのぶち込み方も、かなりワイルド。少しずつではなく、アナルを見つけるやいなや、一気にその腕を、牛さんの秘部へと突き進めていく。

 

 

「ッモゥッウーーーッッ?!!!!!!」

 

 

と、今まで味わったことのない、人生初めての快楽に戸惑いを隠しきれない、雌牛の淡く、そして少しばかりの色気を帯びた鳴き声など一切お構いなし。

 

 

あっと言う間に、女医さんの腕は、肩の部分まで牛さんの大切な部分に飲まれてしまった。

 

 

 

無慈悲。

 

 

 

私はそう感じた。

 

 

 

 

そうこうしているうちに、女医さんは、一言、こう言い放った。

 

 

 

 

 

「3 months.(3か月ね。)」

 

 

 

 

 

え、、、アナルに腕つっこむんだだけで、妊娠してるかわかるの??!!

 

 

 

っていうか、妊娠検査法これかよ!!!

 

 

 

ボケかツッコミかと言われれば、確実にツッコミ側の自分は、盛大にツッコミたいところではあったが、今は自分はお手伝いの身。そんなことをしている場合ではない。

 

 

たった今、アナル調教された牛さん妊娠チェックを終えた牛さんを逃がし、次の牛さんを装置にかけ、固定しなければならない。牛さんは何十頭もいる。もたもたしている時間はない。次の牛さんのアナル開発の準備に取り掛からなければ。

 

 

 

 

「も、、モーーーーウッッ!!モウーーーーー!!モウーーー!!」

 

 

 

快感に打ちひしがれ、あえぐメス牛の声が、オーストラリアはビクトリア州に響き渡る。

 

 

 

「4カ月ね。」

 

 

 

淡々と妊娠月齢を告げる女医。慣れてる。明らかに手馴れてる。その雌牛の、新しい性の扉を開けてしまったことなど、まるで気にも留めていない。たった今、一頭の雌牛を快楽の渦に埋もれさせたばかりだというのに、その目は、もう次のターゲットに向かっている。とんでもないプレイボーイだ。(女医だけど)

 

 

 

妊娠検査を終えて。

妊娠検査を終えてみれば、メス牛はだいたいどの子も妊娠3~6カ月だった。一匹だけ妊娠してない子がいて、「その子は前回も妊娠してなかったから、もう食肉工場に持っていく」ってホストが言ってた。シビアな世界だ。

 

 

私は、このワイルドな牛の妊娠検査法にとても興味が沸いたので、女医さんに思い切って聞いてみた。

 

 

「どうしてアナル調教してるだけで、月齢が分かるの?」

 

 

って。その女医さんいわく、、、

 

 

牛さんの子宮の大きさで、月齢を判断しているらしい。これが判断できるようになるためには、トレーニングが必要で、だいたい2000頭の牛さんのアナル開発が必要だとか。

 

 

 

へぇーー。こんな仕事(牛さんのアナル教育)もあるんだなーー。って思った、五月の昼下がりなのでした。

 

 

 

おしまい(^^♪