ワーホリ前に、英語の勉強なんて必要ない3つの理由

 

こんにちは!オーストラリアで2年間ワーホリし、現在は日本で英語を使う仕事についているたえです♪

 

 

よく、「ワーホリ前にはどんな英語の勉強をしたらいいのか?」「ワーホリにはどれくらいの英語力が必要なの?」って聞かれますが、たえの答えはとってもシンプル。

 

 

ワーホリ前に、英語の勉強なんて一切いりません。

 

 

「え?それで大丈夫なの?!」と思うかもしれませんが、現にたえはワーホリ前に英語をほぼ全く勉強せずワーホリを開始して、無事ペラペラになって帰国できました。実際に、英語を使ったオフィスジョブで働けていますしね。

 

 

では、私が「ワーホリ前に英語の勉強がいらない」と思う3つの理由を説明していきます。

 

 

 

①現地に着いてからでも、十分間に合うから。

 

f:id:wakuwaku-everyday:20170524195725p:plain

 

 

大学院に留学して、高度な教育を受ける場合や、現地に駐在員として派遣される場合には、もしかしたら事前の英語学習は必要になってくるかもしれません。

 

しかし!ワーホリはそれとは話が違います。ワーホリでそんな専門的なことは学ばないでしょうし、働くとしても、多くの人がレストランやカフェなど、カジュアルジョブになると思います。

 

つまり、ワーホリで必要な英語力って、端的に言うなら「カンタンなことを、一瞬で言える能力」なんです。小難しい単語を知ってたり、専門書が読めるような力ではありません。

 

そして、そのような英語の「瞬発力」って、実際に外国人と話してみないことには、なかなか養われないんですよね。でも、現地で多くの人と積極的に話せば、意外とすぐに身に着けることができます。

 

私が現地で出会った日本人ワーホリで「お、コイツ話せるな」って思った数少ない日本人は全員、「来る前は全然話せなかった。来てからたくさんの人と話して、できるようになっていった」と口を揃えて言っていました。

 

決して、事前にたくさん勉強していたわけではありませんでした。

 

そして、私もその一人です。

 

 

②ワーホリ前にする勉強は、無駄になることが多いから。

 

f:id:wakuwaku-everyday:20170524195811p:plain

 

 

多くの日本人にとって、「英語の勉強」と言えば、テキストを読むとか、単語を覚えるといった、とにかく「リーディング&リスニング」に偏りがちなんですよね。

 

でも、ことワーホリにいたっては、必要とされるのは、「リスニング&スピーキング」能力です!そして、それは日本で机にかじりついていて、身に着くものではないんですよね。

 

でも、実際に現地に行ってみないことには、どんな種類の英語が必要になるのか、分からないんです。

 

私は、実際にオーストラリアに着いてから、今まで日本の学校で受けてきた英語教育が、いかに実際の会話で役に立たないか、痛いほど理解しました。そして、英語の学習方法を、抜本的に変える必要性を感じました。

 

テキストやノートは一切使わず、実際に現地の人が使う&私が言いたい表現に的を絞って覚える&瞬発的に言えるようにしたんです。

 

実際の会話では、「形容詞の副詞的用法は~」なんて、考えている暇はないんです。0.02秒で返事ができなければ、会話についていけないんです。そのスピード感こそが命なんです。

 

でも、日本にいる間は、それを知らないから、いつまでたっても「条件を表す副詞節の中では~」とか、現地ではクソの役にも立たない「お勉強」に終始してしまうんですね。

 

実際に何が必要になるかは、始めてみないことには正確には分かりません。日本での英語の準備はほどほどにして、他の事に時間を費やした方がいいと思います。

 

 

③不必要な自信とプライドがついてしまうから。

 

f:id:wakuwaku-everyday:20170524200006p:plain

 

 

ワーホリ前にあんまり勉強してしまうと、「こんなに勉強したんだから、自分は英語できる!」と、大きすぎる期待を持ってしまうんですよね。でも、たいていの場合、②で述べたように、的外れな勉強なことが多い。そして、現地であえなく撃沈。「あんなに勉強したのに、全然現地の人と話せない~!」って泣き言言い出すんです。

 

私はそういう日本人を何人も見てきました。どうしてそんな自信があるのか知りたい。

それで、「現地で外国人と話すのが怖い・・」と、英語恐怖症になってしまっていたり、帰国時に「もっと英語伸びてるはずだったのに!」って大泣きしてたり。

 

そんなこと言ってる暇あったらさっさとネイティブと話して来いよ。

 

でも、事前に勉強してなかった人は、こういう事態には陥りません。自分が英語できないことなんて重々承知してるので、「出来なくても当たり前」という精神で、どんどん現地の人と話していき、結果、グイグイ英語を伸ばしていきます。

 

私は出会った、英語がペラペラの日本人は、ほぼ全員がこの後者タイプでしたね。折られる鼻(プライド)もないので、変に自信喪失せずにすんでるんです。

 

 

 

まとめ

f:id:wakuwaku-everyday:20170524200125p:plain

 

以上が、私が「ワーホリ前に、英語の勉強なんて必要ない」と考える理由たちです。結局、そんなにワーホリ前に「英語!英語!」ってまくし立ててるのって、英語教育業界の人たちだったり、英語を言い訳にワーホリを先延ばしにしてる人たちだけなんじゃないですかね?

 

さっさと腹くくってワーホリしちゃった人は、さっさと現地でもがきながらも英語習得しちゃってます。もし、もうワーホリする意志だけは固まってるんだったら、「英語の準備」なんてしてないで、さっさと行っちゃった方がいいですよ。

 

何事にも共通して言えるんですが、オーストラリアで色んな国籍の人をみて私が思ったことは、「日本人は準備をしすぎ」なんです。

 

なにか資格を取ったり、勉強をしてからじゃないと、行動に移しちゃいけないと思ってる。でも、そんなこと、全然ない!

 

本当に必要なことって、始めてみないと分からないんです。ワーホリで必要になる英語もそう。だから、準備なんてしてないで、さっさと始めちゃったほうがいい。

 

大丈夫です!私も英語出来なかったけど、ワーホリ始めてからで全然間に合いましたから。現地に来ちゃえば、もう「やるっきゃない!」の世界になりますから!雑念も取り払われます♡

 

ワーホリしたい人は、ちゃっちゃと来ちゃえばいい。私の言ってる意味も、動き出せばきっと分かってもらえると思います(*´▽`*)

 

 

 

 

広告を非表示にする